磯村勇斗に何度だって恋をする 『じぞ恋』『ホリック』両極端なキャラクターの魅力を分析

磯村勇斗の“リア恋”キャラクターを振り返る

 磯村勇斗の躍進が止まらない。放送中のTBS火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』で主人公・杏花(上野樹里)の幼なじみ・颯を演じ、映画『ホリック xxxHOLiC』では女郎蜘蛛(吉岡里帆)に心酔する手下・アカグモというオリジナルキャラクターを熱演。さらには7月公開の映画『ビリーバーズ』で初の主演も決まっている。

 彼のキャリアを振り返ると驚くのは、キャスティングされた役どころの幅広さだ。今回、記事を執筆するにあたり「そうだ、このドラマのこの役も!」と思い出すと同時に「この役は、こんなところが好きだったな」と憧れの人を思い出すような気分になった。本稿では、磯村が演じてきたキャラクターの中から“キュン”とさせる役にフィーチャー。彼の魅力を紹介したい。

『サ道』のインテリ好青年・蒸し男、『今日俺』最強ヤンキー“相良”

 筆者が“磯村勇斗沼”に落ちたのは、2019年夏に放送されたテレビ東京のドラマ『サ道』で演じた若き経営コンサルタント、“イケメン蒸し男”がきっかけだった。第1話こそ愛想良くナカタ(原田泰造)や偶然さん(三宅弘城)に挨拶するも、回を重ねるに連れて年上2人にフランクに接するようになる蒸し男。豊富な知識をひけらかす姿やカタカナを多用するところから少々プライドの高さを感じさせる一方、偶然さんにタオルを取られそうになると異様なまでに死守する姿や、サウナ仲間と楽しく癒しの時を過ごす爽やかなキャラクターに魅力を感じた。

 そんな蒸し男を演じているのが、日本テレビ系ドラマ『今日から俺は!!』で開久高校の相良猛を演じていた俳優と同一人物だと知り「なんという役の振り幅!」と衝撃を受けた。これが沼落ちの瞬間だった。

 争いごとを楽しみ、勝つためには卑劣な技も使う相良。最強校のトップに君臨し、ドラマでは主人公の三橋(賀来賢人)率いる軟葉高校に大勢で押しかけ、危害を加えるというクーデターまで起こすのだが、なぜか嫌いになれない存在だ。鈴木伸之演じる番長・片桐とのバディぶりも相まって「開久ヤバいな……相良たまらん……」と心を鷲掴みにされたのは筆者だけではないはずだ。

 相良を演じるときの磯村は、大声を出すのではなく静かに、しかし、きちんと感情を乗せながら残酷に語る印象。仲間といるときは省エネな表情も多い一方、喧嘩相手からは目を逸らすことなく、ギロっと目を見開き眉毛を上げる。そのクールさとアツさの緩急にキュンとさせられる。

 一方、イケメン蒸し男を演じる時の磯村には、その面影がない。自分が好きなサウナの話を、目を輝かせながら声を弾ませてはっきりと喋り、時にはナカタや偶然さんにするどくツッコみながらも、失礼のない後輩力の高さが魅力だ。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる