山崎紘菜&北乃きいに聞く、役者として抱く“嫉妬”の感情 「常に自分と戦っている」

山崎紘菜×北乃きいが役者として抱く“嫉妬”

 山崎紘菜と北乃きいがW主演を務める『汝の名』が5月24日に最終回を迎える。女王様と奴隷のような関係を築き上げてきた勝ち組の姉・陶子と負け組の妹・久恵が、憎しみ合いながらも心の奥底で共存し合う模様を描いたホラーサスペンスとなる本作。陶子を演じた山崎と久恵を演じた北乃に、本作での経験を振り返ってもらった。【インタビューの最後には、サイン入りチェキプレゼント企画あり】

北乃「お芝居の話しかしていないかも」

山崎紘菜 北乃きい

ーーお二人は今回が初共演となりましたが、共演するまでお互いにどのような印象を抱いていましたか?

山崎紘菜(以下、山崎):以前から北乃さんが出演されている作品を拝見させていただいていて、とてもかわいい女優さんだなと思っていました。現場初日に初めてちゃんと顔を合わせて、近くに立ったときにも、めっちゃかわいいなと(笑)。

北乃きい(以下、北乃):初めて言われた、山崎さんにそんなこと(笑)。うれしいです。

山崎:失礼かもしれないのですが、純粋に「かわいい!」って思っちゃっていました(笑)。でも、かわいらしさだけではなくて、実際にお話をさせていただいて、強さだとかしっかりした部分も持ち合わせていらっしゃるところも素敵だなと思いました。

北乃:そんなことを思われていたなんて、すごくうれしいです。私も、山崎さんはすごく綺麗な女性という印象があったのですが、実際にお会いすると、想像以上のオーラがありました。スタイルが良くて、手も足も長いんですよ。陶子が着る衣装はスタイルが良くないと似合わないものばかりだったんですけど、その服を自分が着るシーンが結構あって、着るたびに「山崎さん、こんなに足が長いんだ……」と思っていました(笑)。あと、身長的に山崎さんのことを見上げることが多かったんですけど、下から見ても綺麗ってすごいなと。目の保養でした。

山崎:いや、こちらこそです(笑)。

汝の名

ーーお二人が演じられた陶子と久恵の関係性は、憎しみ合いながらも心の奥底で共存し合うという独特のものですが、撮影に臨むにあたって、お二人はどのように関係性を築いていきましたか?

山崎:なんだかんだ言って、陶子は久恵のことが好きだったり、気になっていたりするので、あまり物理的に距離を置くようなことはありませんでした。ただ、どちらかが一方的に喋ることが多かったので、セリフに関しては必然的にどちらかの負担が大きくて。自分のセリフが多いときはそれでいっぱいいっぱいでしたし、北乃さんが多いときは集中していらっしゃるのを邪魔しないように心がけていました。なので、実はあまり会話はできなかったんです。

北乃:そうですね。スケジュールがタイトだったことと、セリフの量が結構多かったこともあって、集中している間に時間が過ぎていった感覚がありました。ビンタをするときとか、物理的にタイミングを合わせるためのお話しとかはもちろんしましたけど、そういったお芝居の話しかしていないかもしれません。たぶん、私が山崎さんから聞かれたプライベートの話って、グミが好きかどうかと、目の中にホクロがあるという話(笑)。

山崎紘菜
山崎紘菜
北乃きい
北乃きい
山崎紘菜 北乃きい
山崎紘菜 北乃きい
20220524-yamazaki-kitano-06
20220524-yamazaki-kitano-07
20220524-yamazaki-kitano-09
20220524-yamazaki-kitano-08
20220524-yamazaki-kitano-02
20220524-yamazaki-kitano-05
previous arrow
next arrow
20220524-yamazaki-kitano-06
20220524-yamazaki-kitano-07
20220524-yamazaki-kitano-09
20220524-yamazaki-kitano-08
20220524-yamazaki-kitano-02
20220524-yamazaki-kitano-05
previous arrow
next arrow

山崎:北乃さんの目にホクロがあって、それがすごくいいなと。

北乃:よかったんだ!?(笑)

山崎:チャームポイントだと思うので、とても素敵です! あと、私ものすごく人見知りなんです。だから、あまり自分からグイグイ行けなくて。

北乃:そこがちょっと似てるんです。私もすごく人見知りで。人からはそういうふうに見られないんですけど。

山崎:でも内心、北乃さんのことがめちゃくちゃ好きでした。

北乃:ありがとうございます(笑)。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる