こじらせ女子のポジティブすぎる不倫劇 福田麻由子、天野ひろゆき出演のイヤードラマ配信

福田麻由子×天野ひろゆきイヤードラマで共演

 福田麻由子、天野ひろゆき(キャイ~ン)らが出演するイヤードラマ『2番目でもいいの』が、イヤーコンテンツ配信サイト「NUMA」で2月11日より配信開始された。

2番目でもいいの

 本作は、映画『カノジョは嘘を愛しすぎている』や『ちはやふる』の小泉徳宏監督(株式会社ロボット所属)が主宰する、シナリオ制作チーム「モノガタリラボ」と、音声版サブスクリプションサービス「NUMA」のコラボ作品第7弾。2012年にキャスト全員女性のみで構成される「劇団ズッキュン娘」を旗揚げし、2021年には未曾有のコロナ禍の中、銀座博品館劇場で『ハリケーン・マリア』15公演を敢行した劇作家であり演出家の藤吉みわが脚本・演出を務めた。

 今回配信された『2番目でもいいの』は、2014年に劇団ズッキュン娘第4回目公演として上演された演目を、今まで劇団ではやってこなかった男性キャストも出演させ、NUMAの配信用にリメイクした作品である。触れた後、全身へ毒がまわりそうな、そんな危険な魅力を放つ猛毒スズメバチOL「西待子(にしまちこ)」と、どこにでも転がっていそうな、優しさだけが取り柄の冴えない中年カピパラおじさん「大重部長」の凸凹の二人が、禁断の関係に発展しながらも、ユーモアを交えつつ、スピード感溢れる展開を経て、気づけば“不倫”という枠組みを超えていく壮大な物語。

 主人公・西待子を演じるのは、子役時代から活動し、NHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』や映画『FLARE‐フレア‐』などに出演する福田。大重政一(おおしげまさかず)を演じるのは、お笑いコンビ「キャイ~ン」のツッコミ担当で、テレビドラマやナレーションの仕事も精力的に行う天野。また、待子が務めている同僚3人娘として、我妻三輪子、朝見心、榎木さりなが作品に華を添えている。

我妻三輪子 福田麻由子 天野ひろゆき 榎木さりな 朝見心
(左から)我妻三輪子、福田麻由子、天野ひろゆき(キャイ~ン)、榎木さりな、朝見心

※『2番目でもいいの』は「いいの」のあとにハートマーク付きが正式表記

■配信情報
『2番目でもいいの』(全5話)
※NUMAにて、2月11日(金)より配信 毎週金曜新エピソード更新
出演:福田麻由子、天野ひろゆき(キャイ~ン)、我妻三輪子、朝見心、榎木さりな、亀田侑樹、山本圭将、安宅陽子
脚本・監督:藤吉みわ
配信URL:https://numa.jp.net/mob/cont/contShw.php?site=NM&cd=DSE00049
予告編:https://youtu.be/8HqXY-VhEpg



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる