伊藤沙莉、志田未来、福田麻由子が躍進 大成した20代半ばの元子役女優

伊藤沙莉、志田未来、福田麻由子が躍進 大成した20代半ばの元子役女優

 子役は大成しないと言われたのは昔のこと。現在では多くの子役出身の女優、俳優が活躍している。なかでも20代半ばになる伊藤沙莉(26)、志田未来(27)、福田麻由子(25)が躍進中だ。

 伊藤は、現在放送中の連続ドラマ『いいね!光源氏くん』(NHK総合)での千葉雄大とのコンビが絶好調。「源氏物語」の登場人物であるはずの平安貴族・光源氏(千葉)が現代に出現。自分に自信のないこじらせOLの沙織(伊藤)の家で同居し始める。中盤からは光の義兄の中将(桐山漣)も登場し、さらに多元宇宙論の研究者のフィリップ(厚切りジェイソン)の出現で、ラストに向かって物語が目まぐるしい加速を始めた。

 「コロナ疲れが癒される」と、同局「よるドラ」枠で最高視聴率を記録している同作。烏帽子にジャージー姿でポテチを頬張る光源氏をチャーミングに体現する千葉と、地味な自分にコンプレックスを持ち、卑下しがちながら、光源氏に絶妙なツッコミを入れる沙織を巧みに見せる伊藤の相性の良さがバツグンで、成功へと繋がった。特に伊藤の魅力的なハスキーボイスと、小気味よいテンポを生みだす芝居感覚が、突飛な設定のラブコメを、男女を問わず幅広い年齢層に受け入れられる空気で包んでいる。

『いいね!光源氏くん』(写真提供=NHK)

 伊藤のデビューは、2003年の高岡早紀主演ドラマ『14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜』(日本テレビ系)。「若返り」の薬によって運命を狂わされたカップルの時間を見つめるラブストーリーだ。伊藤は物語のキーパーソンである、ヒロインの旧友で、少女に若返ってしまった女性研究員役という難役を9歳にして演じきり、深い印象を残した。そして『わたしたちの教科書』(フジテレビ)、『GTO』(カンテレ・フジテレビ系)などでキャリアを積み上げ、近年の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合)で高いコメディセンスを発揮したのを皮切りに、『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)、『この世界の片隅に』(TBS系)と急速に支持を得ていった。新垣結衣主演、野木亜紀子脚本の『獣になれない私たち』(日本テレビ系)では、空気を読まず、やる気もない、それでも憎めない後輩の夢子を嫌味なく演じ、多部未華子主演の『これは経費で落ちません!』(NHK総合)の頼りなさそうに見えて常に味方として傍にいてくれる後輩・真夕役で「こんな後輩がほしい!」と人気を確実なものにした。

 ちなみに映画では、オムニバス『全員、片思い』(2016年)の一編と『獣道』(2017年)に主演。前者では中川大志(W主演)を相手に思春期の片思いのもどかしさとはがゆさ、そして切なさを、須賀健太とW主演の後者では最近ファンになった人はドキっとするような体当たりの演技も見せている。新作としては山田孝之主演の『ステップ』、山崎賢人主演の『劇場』と2本の映画が控える伊藤。このところのコメディエンヌぶりもさることながら、彼女の芝居には、役柄に応じて、誰しもが必ず持っているパーソナルスペースを、きちんと感じられるのがいい。だからこそリアルで共感できるコミュニケーションが成り立ち、どんなジャンルであろうとも、そこに相手がいることが伝わってくる。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ