岸井ゆきのが問う「普通の幸せって何?」 『恋せぬふたり』高橋一生の言葉が明るい光に

『恋せぬふたり』高橋一生の言葉が明るい光に

 常々感じていたことが、ひとつの表現として提示されるとなんだか嬉しいものだ。「思っていたのは自分だけではなかった」「同じことを考えている人がいた」……その安堵感にも似た感動は、私たちがいつもどこかで“味方”を求めているからなのかもしれない。

「家族を美化しすぎではないですか?」
「(この関係を)強いていうなら“味方”かな」

 よるドラ『恋せぬふたり』(NHK総合)第2話では、咲子(岸井ゆきの)が持つモヤモヤに、また羽(高橋一生)の言葉が明るい光となって届いた。

 親友・千鶴(小島藤子)とのルームシェアができなくなったことをきっかけに、咲子はアロマンティック・アセクシュアルを自認する羽と同居をスタートさせる。それはふたりにとって男女の性愛を抜きに家族となることができるのかという、実験にも近い取り組みだった。基本的には自分のことは自分でするという羽との干渉のない静かな生活は、咲子が「こんなんでいいの?」とむしろ困惑してしまうほど平穏な日々だった。

 ところが、世間では「男女の同居」と聞けば、恋人関係であると認識されることが多い。特に、咲子の母親・さくら(西田尚美)は、これまで自分が触れてきた「普通」には入らない新しい価値観を受け入れるのが苦手な様子。咲子に羽を紹介するようにと催促する。

 お互いにメリットのある今の生活を守るため、恋人のふりをすることを了承した羽と実家を訪れる咲子。待ち受けていた家族は、咲子が念願の恋人を連れて来たと大はしゃぎ。しかし、その端々には自分たちが考える「普通」の価値観を押し付ける場面も多く……。

 咲子は羽に無理を言って合わせてもらっていることにも、大切な人たちであるはずの家族に対してウソをついていることそのものにも苦しくなって「普通の幸せって何?」と大爆発。思わぬタイミングで、自分がアロマンティック・アセクシュアルだとカミングアウトすることになってしまった。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる