ヒコロヒー、『ミステリと言う勿れ』ゲスト出演 座長・菅田将暉は「安心感がありました」

ヒコロヒー、『ミステリと言う勿れ』に出演

 ヒコロヒーが、菅田将暉主演のフジテレビ系月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』の第1話から第3話にゲスト出演することが決定した。

 『月刊フラワーズ』(小学館刊)で2016年に連載がスタートした田村由美による同名コミックを原作とした本作は、菅田演じる天然パーマがトレードマークの主人公・整が、淡々と自身の見解を述べるだけで事件の謎も人の心も解きほぐしていく、令和版・新感覚ミステリー。

 チーフ監督を務めるのは、フジテレビで『トレース~科捜研の男~』『信長協奏曲』『鍵のかかった部屋』『LIAR GAME』シリーズなどを手がけてきた松山博昭。松山とは本作が連続ドラマ5作目のタッグとなる相沢友子が脚本を担当する。主演の菅田のほか、伊藤沙莉、尾上松也、白石麻衣、鈴木浩介、筒井道隆、遠藤憲一らが出演する。

 ヒコロヒーが演じる露木リラは、小さな町工場の事務員で、ドラマの第2話以降で起こる事件に巻き込まれ、整らと一緒にとある屋敷にとらわれてしまう。露木は、子供の頃からうそをつくことにあまり抵抗が無く育ち、町工場の事務員として地味な毎日を過ごしていることに対して抱いている、日々の小さな不満や鬱憤を、うそをつくことではらしているような女性だ。そんな露木も、整と出会い、彼が発する物事の真理を突くような独特な言葉や考えに少しずつ影響されていくのだが……。

ヒコロヒー コメント

参加することが決まった際の気持ち

絶対ドッキリだろうと思っていたので、打ち合わせや衣装合わせでずっとふざけてしまいました。ドッキリではないと分かって慌てて全員に謝りました。

菅田将暉の印象

もちろんスターで座長としての現場での立ち振る舞いもさすがでしたし、話すと良い意味で普通の男の子らしくて安心感がありました。

どのように演じたか

監督やスタッフさん方の仰せの通りにやらせて頂くことに集中しました。

役者としての展望

芝居の現場で勉強させて頂いたことをお笑いの現場にきちんと持ち帰ることのできる芸人でありたいです。

視聴者へのメッセージ

スピーディーな展開と全員に物語がある点が見どころだと思います。整くんのさりげない言葉ひとつも皆さんにとってにじむものがあると思います。是非ご覧ください。

■放送情報
『ミステリと言う勿れ』
フジテレビ系にて、1月10日(月)スタート 毎週月曜21:00~21:54放送
※初回90分スペシャル
出演:菅田将暉、伊藤沙莉、尾上松也、門脇麦、白石麻衣、鈴木浩介、筒井道隆、遠藤憲一ほか
原作:『ミステリと言う勿れ』 田村由美(小学館『月刊フラワーズ』連載中)
脚本:相沢友子
プロデュース:草ヶ谷大輔、熊谷理恵
演出:松山博昭、品田俊介、相沢秀幸、阿部博行
制作・著作:フジテレビ 第一制作部
(c)田村由美/小学館 (c)フジテレビジョン
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/mystery/
公式Twitter:https://twitter.com/not_mystery_?s=09
公式Instagram:https://www.instagram.com/not_mystery_not



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる