芦田愛菜主演『エンディングカット』2022年3月放送 共演に広末涼子、佐藤隆太ら

芦田愛菜主演『エンディングカット』制作開始

 芦田愛菜主演NHKドラマ『エンディングカット』が、2022年3月19日に放送されることが決定した。

 本作は2019年に「FMシアター」で放送され、令和元年度文化庁芸術祭ラジオ部門大賞を受賞した同名作品を映像化した人間ドラマ。エンディングカットとは、納棺師の技術を持つ理美容師が、遺族の声に耳を傾けながら故人の髪をカットやカラーなどヘアーセットすること。慌ただしい葬儀の作業に追われる遺族にとって、約2時間のエンディングカットは、故人との最期の別れの時間を生み出す。誰もが避けては通れない“大切な人の死”に、残された家族は何ができるのか。

 芦田が演じるのは、海辺の町に住む高校3年生・迫田結。結の父・和俊を佐藤隆太、母の七海を広末涼子が演じる。劇作家・演出家の大池容子が脚本を手掛けた。

 主人公・結は、小さい頃から絵を描くのが好きで、美大への進学を目指し街の画塾に通っている。推薦入試を間近に控えた結は、ひと夏かけて一枚の絵を描き上げたものの、画塾の講師で尊敬する那須薫(マイコ)に何か足りないと指摘される。自分に足りないものは何かと思い悩む中、結には一つ気がかりなことがあった。最近、父・和俊の様子がおかしい。店を母・七海にまかせきりで、自分は出張カットの仕事ばかりをやっているのだ。ある日、結は画塾に向かう途中、喪服を着てワンボックスカーに乗り込む和俊の姿を目撃する。不審に思った結は和俊の後を追いかける。たどり着いた先は葬儀場だった。出てきた和俊を結が問い詰めると、納棺するご遺体の髪を切る「エンディングカット」という仕事を始めたことを打ち明けるのだった。

■放送情報
土曜ドラマ 『エンディングカット』
NHK総合にて、2022年3月19日(土)21:00〜22:13放送
出演:芦田愛菜、佐藤隆太、広末涼子、マイコ、鶴見辰吾ほか
原作:新井まさみ
脚本:大池容子
音楽:小田朋美、石若駿
制作統括:松川博敬
プロデューサー:大久保篤
演出:原英輔



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる