Huluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』場面写真公開 白石晃士監督がこだわった撮影秘話も

『未来世紀SHIBUYA』白石晃士が語る

 11月26日よりHuluで独占配信される『未来世紀SHIBUYA』の新たな場面写真が公開された。

 本作は、2036年のデジタル化社会を舞台に、底辺に生きる若者たちが、日本の将来に発生する数々の問題を痛快に炙り出すオリジナル配信動画。『猿楽町で会いましょう』『サマーフィルムにのって』の金子大地がミツル、映画『天気の子』主人公・森嶋帆高で注目を集め、2022年公演の舞台『千と千尋の神隠し』でハクを演じることも決定している醍醐⻁汰朗がカケルとしてバディを組み、力強くハツラツとこの世界を生き切る若者を演じる。そして、『不能犯』『貞子vs伽椰子』の白石監督がメガホンを取り、自らが全編カメラを回し、POV手法で作品を作り上げた。

 本作で主演を務めるミツル役の金子、カケル役の醍醐のキャスティングについて白石監督は、「金子君は、見飽きることのない美しさがあります。ミツルを中性的な雰囲気にしたいと思ったのも、彼が美しかったからなんです。 “優しくて柔らかいけれど、気骨があって時にはちゃんと強情を張る”金子君はその中性的な要素を表面的に表現するのではなく、ミツルの人間性にちゃんと落とし込んでから、自然に表現してくれました」と語る。

 さらに醍醐については、「醍醐君にはカケルに近い男っぽさを感じました。舞台『ハイキュー』でものすごく動き回っていたので、ちょこまか動くカケルのキャラクターが合っていると予測できましたが、私が思う以上に自分で演出していろんな動きを率先してやってくれました。生き生きとしたカケルを作り上げて、作品の力になってくれました」と、撮影を振り返った。

 また、暴れたり喚いたりと不気味な“マネキンおじさん”を体当たりで演じたのは、白石監督の作品には自主映画作品も含めいくつか出演経験のある宇野祥平。白石監督は「要素として狂気じみた芝居もあるということで、宇野君にお願いしました」と配役の決め手について明かしている。テーブルに飛び乗ったり、両手を広げて大声を出したり、オーバーアクションが印象的な役だが、それらは白石監督の演出ではなく、宇野自身がアドリブで動いているという。

 さらに、カリスマWeTuberキリタ役の藤森慎吾については「藤森さんは最高でした。藤森さんの持っている知性、軽さ、かっこよさが、キリタ役にぴったりハマりました。キャラクター性の強い役を演じながらもご本人の素も感じさせてくれる、芸人さんならではのお芝居だと思います」とその演技を絶賛した。

 また、混沌とした“正義マン”の配信部屋と、それとは対照的なスタイリッシュなキリタとアコ(Hina)の部屋の撮影セットやロケーションにも白石監督がこだわった設定とコンセプトが。

 正義マンの配信場所は、ビルの中にある元サウナを飾って作られた。「廃墟の銭湯に勝手に電気を引いて住んでいるという劇中設定です。韓国に行ったときに、空き家や廃墟に勝手に電気を引いて住んでいる人たちの存在を知り、たくましくていいなと思ってそうしました」と、裏シブヤで孤児として育ったミツルとカケルふたりの境遇を重ねイメージしたという。

 さらにキリタの部屋についは、「『時計じかけのオレンジ』のような60〜70年代風のデザインに回帰した世界観を作れる場所を探して、通販バラエティ番組で使われる撮影スタジオを使いました」と意外なところからの発想も。さらにインテリアは未来っぽさを感じさせる白で統一された。

20211121_miraiseiki_sub02
20211121_miraiseiki_sub03
20211121_miraiseiki_sub09
20211121_miraiseiki_sub08
20211121_miraiseiki_sub01
20211121_miraiseiki_sub07
20211121_miraiseiki_sub06
20211121_miraiseiki_sub12
20211121_miraiseiki_sub11
20211121_miraiseiki_sub05
20211121_miraiseiki_sub10
20211121_miraiseiki_sub04
previous arrow
next arrow
20211121_miraiseiki_sub02
20211121_miraiseiki_sub03
20211121_miraiseiki_sub09
20211121_miraiseiki_sub08
20211121_miraiseiki_sub01
20211121_miraiseiki_sub07
20211121_miraiseiki_sub06
20211121_miraiseiki_sub12
20211121_miraiseiki_sub11
20211121_miraiseiki_sub05
20211121_miraiseiki_sub10
20211121_miraiseiki_sub04
previous arrow
next arrow

■配信情報
Huluオリジナル『未来世紀SHIBUYA』(全6本)
Huluにて、11月26日(金)より一挙配信
監督:白石晃士
脚本:保坂大輔、白石晃士
出演:金子大地、醍醐⻁汰朗、篠原悠伸、藤森慎吾、Hina(FAKY)、宇野祥平
主題歌:Dios「ダークルーム」
エグゼクティブプロデューサー:⻑澤一史
チーフプロデューサー:茶ノ前香
プロデューサー:中村好佑、伊藤裕史
制作協力:UNITED PRODUCTIONS
制作プロダクション:日テレ アックスオン
製作著作:HJホールディングス
(c)HJホールディングス
公式サイト:https://www.hulu.jp/static/shibuya2036/
公式Twitter:@shibuya2036hulu
公式Instagram:@shibuya2036hulu



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる