國村隼主演『再会の奈良』予告編&場面写真公開 斎藤工、加藤雅也の絶賛コメントも

『再会の奈良』予告編&場面写真

 2022年2月4日に公開される日中合作映画『再会の奈良』の予告編と場面写真が公開された。

 本作は、“今と未来、奈良と世界を繋ぐ”映画製作プロジェクト「NARAtive2020」から生まれた人間ドラマ。2005年、生みの親を探すために日本へ帰国後、行方を消した“残留孤児”の養女・麗華を探すために、一人中国から奈良に住む孫娘のような存在のシャオザーを頼って訪れた陳ばあちゃん。麗華探しを始めた2人に、ひょんなことで知り合った元警察官の一雄が加わり、言葉の壁を越えて不思議な縁で結ばれた3人の切なくも心温まる麗華探しの旅が始まる。

 本作の監督・脚本を務めたのは、中国出身のポンフェイ。ツァイ・ミンリャン監督の現場で助監督・共同脚本などを務め、ホン・サンス監督のアシスタントプロデューサーも務めた経験を持つ。奈良出身の河瀨直美と、『長江哀歌』『罪の手ざわり』などのジャ・ジャンクーがエグゼクティブプロデューサーを担当した。

 麗華探しを手伝う一雄役で國村隼が主演を務めるほか、養女探しに奔走する養母をウー・イエンシュー、シャオザーをイン・ズーが演じる。また、物語の鍵を握る男として永瀬正敏が友情出演を果たし、シャオザーの元恋人には劇団EXILEの秋山真太郎が扮する。

『再会の奈良』予告編

 公開された予告編は、実の両親を探しに日本へ帰国したまま行方を消した残留孤児の麗華の手紙から幕を開ける。心配になった養母の陳ばあちゃんは、一人中国から知り合いの娘シャオザーを訪ねて奈良へやって来るが、2人はひょんなことから孤独な元警察官、一雄と出会う。シャオザーに娘の面影を見出す一雄は、麗華の写真を見せてもらうと「会ったことがあるかもしれない」と語り、2人を手助けしたいと申し出る。『座頭市』ほか北野武監督作品の音楽を多く手がけてきた鈴木慶一の楽曲に乗せて、言葉の壁を越えて不思議な縁で結ばれた3人の麗華探しの旅が垣間見える予告編となっている。

 また、本作をいち早く鑑賞した俳優・映画監督の斎藤工、俳優の加藤雅也より、絶賛コメントが寄せられている。

コメント

斎藤工(俳優/映画監督)

美しい奈良を異国の故郷の様に
中国残留孤児問題を何処かユーモラスに描く。 ポンフェイ監督の若さと落ち着きが同居した独自の眼差し。 ツァイ・ミンリャン監督の現場を経てジャ・ジャンクー監督と河瀬直美監督に見守られながら本作を完成させたポンフェイ監督。現代における“合作”の本当の意味を観せて頂きました。

次作が早くも愉しみだ。

加藤雅也(俳優)

中国から奈良に元残留孤児の娘を探しに来たお婆ちゃん。初めての日本、言葉の通じない環境。そんな中でも物怖じせず、言葉を使わずにコミュニケーションを取る姿がとてもコミカルで観る者を和ませてくれる、バックミュージックも相まって、そのアンバランスさが絶妙。人を想う気持ちに国境はない。笑いと感動、優しさに包まれる作品です。

20211117-saikainonara-02
20211117-saikainonara-03
20211117-saikainonara-04
20211117-saikainonara-05
20211117-saikainonara-06
20211117-saikainonara-07
20211117-saikainonara-08
20211117-saikainonara-09
20211117-saikainonara-010
previous arrow
next arrow
20211117-saikainonara-02
20211117-saikainonara-03
20211117-saikainonara-04
20211117-saikainonara-05
20211117-saikainonara-06
20211117-saikainonara-07
20211117-saikainonara-08
20211117-saikainonara-09
20211117-saikainonara-010
previous arrow
next arrow

■公開情報
『再会の奈良』
2022年2月4日(金)日本劇場公開
出演:國村隼、ウー・イエンシュー、イン・ズー、秋山真太郎、永瀬正敏
脚本・監督:ポンフェイ
エグゼクティブプロデューサー:河瀨直美、ジャ・ジャンクー
撮影:リャオ・ペンロン
音楽:鈴木慶一
編集:チェン・ボーウェン
照明:斎藤徹
録音:森英司
美術:塩川節子
共同製作:21インコーポレーション
後援:奈良県御所市
配給:ミモザフィルムズ
中国、日本/2020/99分/カラー/日本語・中国語/DCP/1:1.85/Dolby 5.1/英題:Tracing Her Shadow/中題:又見奈良
(c)2020 “再会の奈良” Beijing Hengye Herdsman Pictures Co., Ltd, Nara International Film Festival, Xstream Pictures (Beijing)
公式サイト:http://saikainonara.com 



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる