『アナと雪の女王2』オラフ役の武内駿輔が魅力を語る 「前作より遥かにスケールアップ」

 11月19日に日本テレビ系『金曜ロードショー』にて放送される『アナと雪の女王2』。オラフの吹き替えを担当した武内駿輔からコメントが到着した。

武内駿輔

 『アナと雪の女王2』は、前作の記録を塗り替え、世界のアニメーション映画歴代興行収入を更新。日本でも2019年の洋画第1位となる133.7億円のヒットを記録した。前作『アナと雪の女王』から3年後、アレンデール王国の女王となったエルサは、アナたちと共に幸せな日々を過ごしていた。しかし、エルサにしか聞こえない不思議な“歌声”に導かれ、未知なる国へ旅立つ。なぜエルサに力が与えられたのか、エルサの出生の秘密に迫る物語で、すべての謎が明かされる。なお、本作はテレビ初放送となる。

 武内は、『アナと雪の女王2』で好きなシーンについて、楽曲「ずっとかわらないもの」が流れるシーンを挙げ、「本編を見終えた後にもう一度聴き直すと、聞こえ方が変わってくるところも魅力的です」と語る。さらに、アフレコ時のエピソードとして「オラフが前作のあらすじを紹介するシーンは、特に楽しみながら声を吹き込みました」と明かした。

 また、11月26日からは、ディズニー長編アニメーション60作目となる最新作『ミラベルと魔法だらけの家』も公開。同作にもマリアーノ役で出演している武内は「マリアーノという、イサベラの婚約者の、日本語版を担当致しました。ハンサムで、とても良い男です。しかし、どこか少し抜けている雰囲気もあり……なぜか気になるキャラクターかと思います(笑)。楽曲全体が、今までにないとても陽気なパワーを持っていて、聴くと自然と体が動きそうになるのが、今作の最大の魅力かと思います。家族の絆をテーマにした作品、是非多くの方に楽しんで頂けますと、幸いです」と語った。

武内駿輔 コメント

本作の見どころ

今、世界が抱えている問題点などを上手く作品に落とし込みつつ、美しいアニメーション
とメロディによって、幅広い世代に愛していただける内容です。前作より遥かにスケール
アップした、アナ雪の世界観を堪能していただければと思います。

『アナと雪の女王2』で好きなシーン

「ずっとかわらないもの」が一番好きです。冒頭にふさわしい楽曲であり、再びアナ雪の世界に帰って来た事を実感できます。また、本編を見終えた後にもう一度聴き直すと、聞こえ方が変わってくるところも魅力的です。あとは「恋の迷い子」も、80年代好きの自分にはとても刺さります(笑)。

『アナと雪の女王2』で好きなセリフ

オラフが作中ポロッという「今の若い子と喋ってると元気が出るよ。未来は明るいね」というセリフが、本質をつきつつも、それをオラフが言うのがおかしいので、好きなセリフですね(笑)。

『アナと雪の女王2』アフレコ時のエピソード

オラフが前作に比べかなり成長するのと比例して、英語版のジョシュ・ギャッドの遊び心もパワーUPしていたため、とても楽しかったです。オラフが前作のあらすじを紹介するシーンは、特に楽しみながら声を吹き込みました。

視聴者へのメッセージ

ポップコーンなどを用意して本格的に楽しむのもありですし、何かしながら、気軽に見て
いただくのもありかと思います(笑)。
どんな形でも良いので、アナ雪2の世界に触れて頂けますと幸いです。字幕版しか見た事
のない方も、この際ですから、是非吹き替え版を見てみてください(笑)!

■放送情報
『アナと雪の女王2』
日本テレビ系にて、11月19日(金)21:00~22:54放送
※本編ノーカット
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
製作:ピーター・デル・ヴェッコ
脚本:ジェニファー・リー、アリソン・シュローダー
音楽:クリストフ・ベック
(c)Disney



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる