是枝裕和監督も映像で登場 Netflixフェスに中島健人、大泉洋、篠原涼子、綾野剛ら集結

キャスト集結のNetflixフェスレポート

 Netflixが2021年秋以降に配信する作品ラインナップが一挙に発表される『Netflix Festival Japan 2021』が11月9日、11月10日の2日間にわたって開催。Netflix作品に関わる国内外の才能豊かなクリエイターや日本を代表する錚々たる俳優、声優が集結し、新作のアニメ作品、日本実写作品、海外作品などバラエティ豊かなラインナップを紹介する。

 11月10日は「ライブアクションDay」。実写のNetflix新作を紹介する、盛りだくさんの内容となった。

『浅草キッド』

 12月9日より全世界独占配信される、伝説の師匠・深見と若き日のビートたけしを描いた映画『浅草キッド』からは、大泉洋、柳楽優弥、監督を務めた劇団ひとりが登壇。劇団ひとりは脚本を書き上げたのは8年前で、製作にあたりビートたけしにも会うたびに取材を行ったことを明かす。

 本作には門脇麦が千春役、土屋伸之(ナイツ)がビートきよし役、鈴木保奈美が深見の妻・麻里役で出演。柳楽は「ツービートの漫才ってとても早くて、当時たけしさんがアドリブで入れていたようなセリフも入っているから、ライブ感を出すのは苦労しました。土屋さんには助けられました」とコメント。一方、大泉は鈴木との夫婦役での共演について「小さいときからトレンディドラマを観ていましたから。ぱっと見たとき、心の中で『うわ、鈴木保奈美だ〜』と思って、やっぱり緊張しましたね」と共演を振り返った。

 また、大泉は漫才シーンでの柳楽を絶賛。「本作を観れば、いかに柳楽優弥がすごいかわかります。ツービートとしての柳楽くんの漫才を観ると、子どものとき僕が観ていたものと本当に同じで。誰もが拍手を送りたくなると思いますよ」と柳楽の魅力をアピールした。

 最後にNetflix視聴者へのメッセージを求められると、劇団ひとりが「内容的には『イカゲーム』にかなり近いので、イカゲームが楽しかった人は『浅草キッド』も楽しめると思いますよ!」とボケる。すると大泉がすかさず「卑劣な手段で観てもらおうとするのはやめましょうよ!」と突っ込む一幕も。しかし、大泉も『イカゲーム』ネタに乗っかり、「僕にとって『イカゲーム』の次に撮った作品で、すごく大切な作品です」と『イカゲーム』主人公のソン・ギフンと自身が似ているという話題にも言及。続けて、「『水曜どうでしょう』はNetflix配信されているけれど、そこまで影響がないから大丈夫なんじゃないかな」と自虐で笑いを誘うのだった。

1110_asakusa_sub09
1110_asakusa_sub07
1110_asakusa_sub06
1110_asakusa_sub01
1110_asakusa_sub02
1110_asakusa_sub03
1110_asakusa_sub04
1110_asakusa_sub05
previous arrow
next arrow
1110_asakusa_sub09
1110_asakusa_sub07
1110_asakusa_sub06
1110_asakusa_sub01
1110_asakusa_sub02
1110_asakusa_sub03
1110_asakusa_sub04
1110_asakusa_sub05
previous arrow
next arrow

『金魚妻』

 2022年全世界独占配信のNetflixシリーズ『金魚妻』からは、篠原涼子、長谷川京子、並木道子監督が登壇。

 篠原は「自身もNetflixの大ファンなので今日は嬉しいです。ぜひ皆さんにご覧になっていただきたいと思います」と挨拶。長谷川は「私も篠原さんがおっしゃったようにNetflixの大ファンで。今回本当に素晴らしい作品に出会って参加させていただけていることが本当に嬉しいです」と喜びを語った。

 また、本作では外注妻、弁当妻、伴走妻、頭痛妻……とそれぞれのカラーに合わせた独自のネーミングがつけられたキャラクターが登場することについて、長谷川は「すごいネーミングですよね」、篠原は「今回ネーミングが面白いんですよね。どんなふうなストーリーになっているんだろうと想像がつかない名前で、そういうところも見どころです」とコメント。

 並木監督も「こだわって時間をかけてやっていました」と頷くと、「昨日もずっと徹夜してらっしゃたみたいなんですよ。お疲れ様です」と労いの言葉をかける篠原だった。

 最後に視聴者へのメッセージとして、長谷川は「いわゆる体当たりなシーンがありますが、監督やスタッフ、キャストの方をとにかくいい作品になるだろうと信じて演じました。少しでも多くの方に観ていただきたいです。どの回もテイストが違うので、飽きることなく全部観ていただけると思います」、篠原は「男性目線でも女性目線でも自分に照らし合わせて観れる作品だと思います。Netflix Japan初の大人の恋愛ドラマができたと思っていますので、1日も早く見届けていただけたら嬉しいです」と語った。

1110_kingyozuma_sub06
1110_kingyozuma_sub07
1110_kingyozuma_sub04
1110_kingyozuma_sub03
1110_kingyozuma_sub01
1110_kingyozuma_sub08
1110_kingyozuma_sub05
previous arrow
next arrow
1110_kingyozuma_sub06
1110_kingyozuma_sub07
1110_kingyozuma_sub04
1110_kingyozuma_sub03
1110_kingyozuma_sub01
1110_kingyozuma_sub08
1110_kingyozuma_sub05
previous arrow
next arrow

是枝裕和 インタビュー映像

 ステージでは是枝裕和監督のインタビュー映像が公開。是枝監督は映像で、Netflixとタッグを組み、連続ドラマを1本、映画を1作製作中であることを明かした。是枝監督は「僕が一番やりたいのは連続ドラマでもあるんですが、本来やりたいことが民放で実現するのは難しさがあった。今回の取り組みは、自身がこれまでやってきたものとはスケールが違いますし、Netlflixじゃなければできないことだと思っています」とコメント。

 作品については「今やっているドラマでは、シリーズの何話かを監督しながら、総括的にショーランナーとして関わっています。若手の監督たちと一緒にやれるのが魅力的です」「昨日もセットに行ったんですが、国内マーケットだけを視野に入れていたらこんなセットは作れないと思います。20〜30代の若手監督たちにこれを経験させられるのはすごく嬉しいです」と語った。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる