城田優、『コンフィデンスマンJP 英雄編』出演決定 生田絵梨花は3代目“コンフィガール”に

城田優、『コンフィデンスマンJP』出演

 2022年1月14日に公開される映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の第3弾キャストとして、城田優と生田絵梨花の出演が発表された。

 本作は、脚本家・古沢良太によるテレビドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の劇場版第3弾。美しきコンフィデンスウーマン・主役のダー子を長澤まさみ、若きコンフィデンスマン・ボクちゃんを東出昌大、百戦錬磨のコンフィデンスマン・リチャードを小日向文世が演じる。3人がコンフィデンスマン=信用詐欺師に扮し、欲望にまみれた人間たちから大金を騙し取るさまを描く。

 映画第1弾『ロマンス編』では香港、第2弾『プリンセス編』ではマレーシアのランカウイ島、第3弾となる本作では、地中海に浮かぶ小さな島・マルタが舞台に。街全体が“世界遺産”に登録されているマルタの首都・ヴァレッタで、騙し合いバトルが勃発する。

 今作でダー子たちが狙うのは、地中海一の“危ない夫妻”。城田は、若くして危険な密輸貿易で莫大な財を成して引退したスペインのマフィア、ジェラール・ゴンザレスを演じる。自身もスペインにルーツを持つ城田は今作で日本語を一切使わず、英語とスペイン語だけを話し、完全に“スペイン人のマフィア”になりきった。

 そしてゴンザレスの内縁の妻であり、男を惑わす魔性の女・畠山麗奈役を生田が演じる。映画1作目でのモナコ役の織田梨沙、2作目でのコックリ役の関水渚に続く、作中の影のヒロイン“3代目コンフィガール”として活躍する。

 ダー子たちが狙うのは、ゴンザレスが所有する史上最高の宝「踊るビーナス」。行方不明とされていた幻の古代ギリシャ彫刻をかけて、凄腕コンフィデンスマンたちによる熾烈な騙し合いが繰り広げられる。

■公開情報
『コンフィデンスマンJP 英雄編』
2022年1月14日(金)公開
出演:長澤まさみ、東出昌大、小日向文世、江口洋介、松重豊、角野卓造、生瀬勝久、石黒賢、梶原善、高嶋政宏、瀬戸康史、広末涼子、織田梨沙、関水渚、徳永えり、真木よう子、城田優、生田絵梨花
監督:田中亮
脚本:古沢良太
制作プロダクション: FILM
製作:フジテレビ、東宝、FNS27社
配給:東宝
(c)2022「コンフィデンスマンJP」製作委員会
公式サイト:http://confidenceman-movie.com
公式Twitter :https://twitter.com/confidencemanJP
公式Instagram:https://www.instagram.com/confidenceman_jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる