“最強の元狙撃兵”リーアム・ニーソンが麻薬カルテルと全面抗争 『マークスマン』公開決定

 リーアム・ニーソン主演映画『The Marksman(原題)』が、『マークスマン』の邦題で2022年1月7日より全国公開されることが決定した。

 本作は、ニーソンが元狙撃兵を演じ、凶悪麻薬カルテルと対峙するアクションエンターテインメント。ニーソン演じる主人公ジム・ハンソンは、メキシコの麻薬カルテルの魔の手から逃れるため国境を越えてきた少年を助けたために、追われる身に。ジムは、親戚が暮らすというシカゴに少年を送り届けるためにアメリカ横断の旅へ出かけるが、アメリカに不法侵入したカルテルは執拗に彼らを追撃する。果たしてジムは少年を守り、無事シカゴにたどり着けるのか。

 監督・脚本を務めたのは『人生の特等席』で監督デビューを果たしたロバート・ロレンツ。『硫黄島からの手紙』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』などのクリント・イーストウッド監督の作品に製作のひとりとして深く関わっている。彼が手を加えた脚本を読んだニーソンは、イーストウッドが長年にわたって体現してきた寡黙な一匹狼の闘志を感じ取ったという。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは、ショットガンを覗き込むニーソンの写真が使われたデザインになっている。壮絶にクラッシュしている車と凶悪さが否応なく伝わる麻薬カルテルによるリンチの様子、不安そうな少年があしらわれ過酷な逃避行を予感させる。また、コピーの「狙う!撃つ!!仕留める!!!」が、ニーソン演じる主人公ジムの意志の強さ、狙撃の腕への確かな自信を感じさせる。

■公開情報
『マークスマン』
2022年1月7日(金)全国公開
出演:リーアム・ニーソン、キャサリン・ウィニック、フアン・パブロ・ラバ、テレサ・ルイス、ジェイコブ・ペレス
監督・脚本・製作:ロバート・ロレンツ
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ
原題:The Marksman/2021年/アメリカ/英語・スペイン語/108分/カラー/スコープ/5.1ch/日本語字幕:高山舞子/映倫区分:G
(c)2020 AZIL Films, LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:marksman-movie.jp
公式Twitter:@Marksman_JP



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる