リーアム・ニーソン、今度は巨大トラックを操り人命救助 『アイス・ロード』11月12日公開

 リーアム・ニーソンが主演を務める映画『アイス・ロード』が11月12日よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定。あわせて日本版予告編とポスタービジュアルが公開された。

 『96時間』シリーズで演技派アクションスターとしての名声を獲得したニーソン。『フライト・ゲーム』では飛行機、『トレイン・ミッション』では通勤電車で暴れたニーソンが、今度は巨大トラックを華麗かつ完璧に操る。ワケありの人生から一発逆転を図ろうとする4人のドライバーが、26人の命を救うため極限のミッションに挑む。

 監督・脚本を務めたのは、『アルマゲドン』『ザ・ロック』『ダイハード3』などの脚本を手がけたジョナサン・ヘンズリー。ニーソンのほか、『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』のマーカス・トーマス、『マトリックス』シリーズのローレンス・フィッシュバーン 、『レギオン』のアンバー・ミッドサンダーらが脇を固める。

 爆発事故でカナダの鉱山の地下に閉じ込められた26人の作業員。救出装置を運ぶため、4人のトラックドライバーが集められる。30トンの巨大トラック3台が走る最短ルートは、氷の道“アイス・ロード”。スピードが速すぎれば衝撃で、遅すぎれば重量で、氷が割れて水に沈む。地下の酸素が尽きるタイムリミットは30時間。4人はドライブテクニックと強いハートで、名誉と報酬を手にするはずだった。ところが、事故には危険な陰謀が隠されていた。

映画『アイス・ロード』予告編

 あわせて公開された予告編は、雪に覆われたダイヤモンド鉱山の爆破事故によって、作業員26名が鉱山内に閉じ込められる緊迫した事故映像から始まる。閉ざされた鉱山内の酸素が少なくなる危機的状況の中、巨大トラックでガスを抜く30トンもの救出機材を30時間以内に届けるミッションに、ベテラン・ドライバーのマイク・マッキャン(リーアム・ニーソン)ら集められた腕利きのトラック野郎たちが続々と集結。鉱山に向かう唯一のルートとなる、厚さ80cmの“氷の道”(アイス・ロード)を、一定の速度で走る極限のミッションに彼らはどう立ち向かうのか。猛スピードで氷の上を爆走する巨大トラックや割れ始めるアイス・ロード、水没する後輪などの映像が続き、「生きる希望を届けるため、死のロードを走り抜け!」というナレーションとともに、「俺たちに失敗は許されない! 必ず救う!」と固い決意を誓うマイクの勇士が映し出されている。

 ポスタービジュアルには、黄色と赤色の原色に彩られた巨大トラックが今まさに沈みかけている緊迫感のある様子とともに、「生きる希望を、沈ませるな」というコピーが掲げられている。

■公開情報
『アイス・ロード』
11月12日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:ジョナサン・ヘンズリー
出演:リーアム・ニーソン、ローレンス・フィッシュバーン、マーカス・トーマス、アンバー・ミッドサンダー、ベンジャミン・ウォーカー
配給:ギャガ
提供:ギャガ、イオンエンターテイメント
原題:The Ice Road/アメリカ/2021年/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/109分/字幕翻訳:林完治
(c)2021 ICE ROAD PRODUCTIONS, LLC ALL RIGHTS RESERVED



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる