ソ・イングクが命がけの盗油作戦に挑む 『パイプライン』予告編、ポスター、場面写真公開

 ソ・イングク主演映画『パイプライン』の公開日が2022年2月4日に決定し、ポスタービジュアルと予告編、場面写真が公開された。

 クォン・サンウ主演『マルチュク青春通り』、チョ・インソン主演『卑劣な街』、そしてイ・ミンホ主演『江南ブルース』で知られるユ・ハ監督の最新作である本作は、韓国の地下に隠された“黒いダイヤモンド”と称される数千億ウォンもの原油を盗み出し、人生大逆転を夢見る6人の“盗油師”が繰り広げるチームプレーを描いた犯罪エンターテインメント。

 1997年の釜山を舞台に高校生たちのリアルな青春を描いたドラマ『応答せよ1997』で初主演を飾り、本作では盗油業界一の穿孔(穴を開けること)技術者に扮した主演のソ・イングクは、2013年の『君に泳げ!』以来8年ぶりにスクリーンに復帰した。

 また、モデル出身の俳優イ・スヒョクが危険な盗油作戦を計画し、自らの欲望を満たすために何でも行う大企業の後継者に扮し、作戦に参加した5人の原油泥棒たちを限界まで追い詰めていく。そのほか、ウム・ムンソク、ユ・スンモク、テ・ハンホ、ペ・ダビンらがキャストに名を連ねた。

『パイプライン』予告編

 予告編は、イングク扮するドリルの名人“通称ピンドリ”が、10億ウォンのギャラという危険極まりない計画に参加するシーンから始まる。地下に隠された数千億ウォンの石油を盗み出すため、集結した訳アリの“盗油師”の姿が切り取られる。警察に追われ、スポンサーから圧力がかけられる中、タイムリミットは刻々と迫ってくる。果たして命がけの盗油作戦は成功するのか。

 あわせて公開されたポスタービジュアルは「完璧に、華麗に、豪快に盗み出せ!」のキャッチコピーとともに、眼光鋭くツナギ姿で立つイングクや、高級スーツをまとい何か企んでいる様子のスヒヨク、そして人生逆転を夢見る寄せ集めの盗油師たちの姿を捉えている。

 なお、10月23日より数量限定で特製A4クリアファイル付き前売り券の販売も開始される。

場面写真はこちら

■公開情報
『パイプライン』
2022年2月4日(金)公開
監督:ユ・ハ
脚本:ユ・ハ、キム・ギョンチャン
撮影:ハ・ギョンホ
音楽:シムヒョンジョン、ジョン・フン
出演:ソ・イングク、イ・スヒョク、ウム・ムンソク、ユ・スンモク、テ・ハンホ、ペ・ダビン
配給:クロックワークス
2021年/韓国/カラー/108分/英題:Pipeline
(c)2021 [CJ ENM, GOM PICTURES, M.o.vera Pictures] All Rights Reserved.
公式サイト: https://klockworx-asia.com/pipeline/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる