『ゴーストバスターズ/アフターライフ』2022年2月4日公開へ 新予告&海外版ポスターも

 映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』の日本公開日が2022年2月4日に決定し、あわせて新たな予告編と海外版ポスターが公開された。

 本作は、『ゴーストバスターズ』『ゴーストバスターズ2』の正統続編。前2作で監督を務めたアイヴァン・ライトマンの息子であり、『マイレージ、マイライフ』や『JUNO/ジュノ』でアカデミー賞監督賞にノミネートされた経歴を持つジェイソン・ライトマンがメガホンを取った。主人公・フィービーを演じるのは、『gifted/ギフテッド』『キャプテン・マーベル』のマッケナ・グレイス。フィービーの兄役を、『ストレンジャー・シングス 未知の世界』『IT/イット』シリーズのフィン・ヴォルフハルト、フィービーが通う学校の教師役を、『アントマン』シリーズで知られるポール・ラッドが務める。

 とある田舎町に、突如ゴーストたちが出現。奴らは30年前、あのゴーストバスターズによってNYで封印されたはずだった。 世界の終焉を予感させるかのように、街中に溢れかえるゴーストたち。そんな中、少女フィービーは兄とともに納屋で発見したECTO-1と書かれたキャデラックに乗り込み、ゴーストたちに立ち向かっていく。断層がないにもかかわらず、30年間原因不明の地震が続くこの田舎町で、なぜゴーストたちは突如封印を解かれたのか。あの後ゴーストバスターズに何があったのか。フィービーとゴーストバスターズを結ぶものとは。

『ゴーストバスターズ/アフターライフ』インターナショナル・トレーラー 2022年2月4日(金)全国ロードショー

 公開された最新予告は、一人の男が得体の知れない何者かから車で逃げる緊迫のシーンで始まる。車の助手席には、ランプが点滅するゴースト格納装置「ゴーストトラップ」。車が横転しながらも屋敷に辿り着くが……。「ゴーストトラップ」の中には一体何があるのか。追ってくる者の目的はいったい誰なのか。そして、祖父が遺した屋敷に引っ越してきた孫娘フィービーたちにも、その脅威が訪れる。まるで世界の終焉かのように、街中にゴーストたちが溢れかえる。

 予告編の後半では、『ゴーストバスターズ』のテーマ曲が登場。祖父がかつてニューヨークを救ったゴーストバスターズの一員だったことを知ったフィービーは、「ECTO-1(エクトワン)」に乗り込み、ゴースト捕獲装置「プロトンパック」を手にゴーストたちに立ち向かっていく。世代を超えた戦いは、一人の少女に託された。30年前ゴーストバスターズによりNYで封印されたはずのゴーストたちが、まるで世界の終焉を予感させるかのように、街を飲み込んでゆく。

■公開情報
『ゴーストバスターズ/アフターライフ』
2022年2月4日(金)全国ロードショー
監督:ジェイソン・ライトマン
脚本:ギル・キーナン、ジェイソン・ライトマン
製作:アイヴァン・ライトマン
出演:マッケナ・グレイス、ポール・ラッド、フィン・ヴォルフハルト、キャリー・クーン、ローガン・キム、セレステ・オコナー
原題:Ghostbusters:Afterlife
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:https://www.ghostbusters.jp/
公式Twitter:https://twitter.com/Ghostbusters_JP
公式Instagram:https://www.instagram.com/ghostbusters_jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる