『最後の決闘裁判』で敵対 マット・デイモン&ベン・アフレック金髪姿の新場面写真公開

『最後の決闘裁判』ベン・アフレックの金髪姿

 10月15日に日米同時公開される映画『最後の決闘裁判』の新場面写真が公開された。

 本作は、アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる脚本を、『ブレードランナー』『オデッセイ』のリドリー・スコットを監督に迎え映画化したもの。

 史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)という登場人物3人の視点で描く。

 公開された場面写真は、デイモン演じる騎士カルージュと、その主君であり、王の従兄として絶大な権力を持つアフレック演じるピエール伯の姿を捉えたもの。女好きで常にワインを手にし、お気に入りのアダム・ドライバー演じる従騎士、ル・グリをえこひいきするピエール伯は、カルージュが得るはずだった土地の所有権をル・グリへの報酬として贈呈したり、カルージュが父から受け継ぐはずだった⻑官職をも、ル・グリに任命してしまうという横暴ぶりで、カルージュとは常に因縁を抱える役どころとなる。

 そんなピエール伯に対し、デイモン演じるカルージュは、戦場における勇気と技量で他者から尊敬されてきたものの、頑固で無骨な軍人気質で、女遊びも激しく、軽薄なピエール伯とは反りが合わない。立て続けにル・グリに肩入れするピエール伯に怒り心頭で、騎士として主君に忠誠を誓いながら、あまりの処遇に王宮へ直談判するほどの仲違いを起こしてしまう。

 なお、本作では、デイモンもアフレックも、めずらしい金髪を披露。ヴェネチア国際映画祭では、アフレックが自身の金髪姿に対し、「僕はブロンドのカツラをかぶりました(笑)」とコメントする一幕も見せた。

■公開情報
『最後の決闘裁判』
10月15日(金)全国公開
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガー(『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる