マット・デイモン×アダム・ドライバーの決闘シーンも 『最後の決闘裁判』新場面写真公開

『最後の決闘裁判』新場面写真5点公開

 10月15日に日米同時公開される映画『最後の決闘裁判』の新場面写真が公開された。

 本作は、アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる脚本を、『ブレードランナー』『オデッセイ』のリドリー・スコットを監督に迎え映画化したもの。

 史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)という登場人物3人の視点で描く。

 公開された場面写真では、戦争でも背中を預けるほどの親友だったデイモン演じるカルージュとアダム・ドライバー演じるル・グリの姿、ジョディ・カマー演じるマルグリットが前を見据える様子、事件の当事者3人の姿や作品の見どころとなる決闘シーンなどが切り取られている。

 スコット監督は、当事者たちのキャラクターをユニークなイメージで作り上げるにあたって、アカデミー賞も受賞した衣装デザイナーのジャンティ・イエーツに、カルージュ=おしゃれな男でなく軍人気質、ル・グリ=フェラーリを運転していそうな男、マルグリット=カジュアルを好む貴族女性、というオーダーを出したという。特に色男として女性たちからの視線を集め、女性の噂が耐えないプレイボーイでもあるル・グリを演じたドライバーが着用する衣装は、ほぼ黒い衣装で統一され、重厚で造りこまれた感じがあり、シャツにはすべて刺繍が施される工夫を施した。

1008_lastduel_sub02
1008_lastduel_sub01
1008_lastduel_sub03
1008_lastduel_sub04
previous arrow
next arrow
1008_lastduel_sub02
1008_lastduel_sub01
1008_lastduel_sub03
1008_lastduel_sub04
previous arrow
next arrow

■公開情報
『最後の決闘裁判』
10月15日(金)全国公開
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガー(『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる