リドリー・スコット監督が撮影の裏側を語る 『最後の決闘裁判』メイキング映像公開

『最後の決闘裁判』メイキング映像公開

 10月15日に日米同時公開される映画『最後の決闘裁判』のメイキング特別映像と場面写真が公開された。

 本作は、アカデミー賞脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』以来のタッグとなるマット・デイモンとベン・アフレックによる脚本を、『ブレードランナー』『オデッセイ』のリドリー・スコットを監督に迎え映画化したもの。

 史実としていまだに真相不明なフランス最後の決闘裁判を、事件を告発した被害者(ジョディ・カマー)、被害者マルグリットの夫(マット・デイモン)、訴えられた容疑者(アダム・ドライバー)という登場人物3人の視点で描いている。

 女性が声を上げることのできなかった時代に立ち上がり、裁判で闘うことを決断した勇気ある女性マルグリットを演じるのは、『キリング・イヴ/Killing Eve』でエミー賞主演女優賞を受賞したジョディ・カマー。マルグリットと共に、決闘裁判に挑む夫ジャン・ド・カルージュ役を、『オデッセイ』や『オーシャンズ』シリーズなどのデイモンが演じる。マルグリットを襲った犯人だという疑いをかけられるが無罪を主張する従騎士のジャック・ル・グリ役で、『スター・ウォーズ』シリーズや『マリッジ・ストーリー』などのアダム・ドライバーが出演。カルージュとル・グリの運命を揺さぶる主君ピエール伯はアフレックが演じる。

 メイキング特別映像では、命をかけた決闘裁判に挑む騎士・カルージュと従騎士ル・グリの激しい決闘シーンや、手書きされた決闘シーンの絵コンテが登場。彼らが決闘裁判に挑むことになるまでの、緊迫の裁判シーンが切り取られている。スコット監督からデイモンに向けて「そこは憎しみを持つ瞬間だぞ」と演出を指示する貴重なメイキングシーンも映し出されており、スコット監督自らが、撮影の裏側をエスコートしてくれているかのような感覚を味わえる。

映画『最後の決闘裁判』メイキング映像 10月15日(金)公開

 場面写真では、甲冑に身を包み、半分切り取られたヘルメットから前方を見据えるカルージュの姿が写し出されている。史実によると、本来は顔を全て覆ってしまうヘルメットだったが、スコット監督が誰が誰に何をしているか分かるように重視して、あえて前面を半分切り取ったヘルメットを映画用に用意したという。

■公開情報
『最後の決闘裁判』
10月15日(金)全国公開
監督:リドリー・スコット
脚本:ニコール・ホロフセナー、マット・デイモン、ベン・アフレック
原作:エリック・ジェイガー(『決闘裁判 世界を変えた法廷スキャンダル』)
出演:ジョディ・カマー、マット・デイモン、アダム・ドライバー、ベン・アフレック
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2021 20th Century Studios.  All Rights Reserved.



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる