『裁かるゝジャンヌ』など4作をリマスターで カール・テオドア・ドライヤーの特集上映決定

 カール・テオドア・ドライヤー監督の特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」が、12月下旬よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次開催されることが決定した。

 1889年2月3日にデンマーク・コペンハーゲンで生まれ、79年の生涯で長編14作品を発表したドライヤーは、独創的で革新的な作品を生み出し、ジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォー、イングマール・ベルイマン、小津安二郎などの巨匠たちから、アルノー・デプレシャン、ギャスパー・ノエ、ラース・フォン・トリアーといった現代の先鋭たちにまで多大なる影響を与え世代を超え愛されている。

 今回の特集上映では、ゴダールが『女と男のいる舗道』で引用し、“人間”ジャンヌ・ダルクを描いた無声映画の金字塔的作品『裁かるゝジャンヌ』、魔女狩りが横行した混沌の時代を映し出し、ノエがその火刑シーンを『ルクス・エテルナ 永遠の光』で引用したことでも話題となった『怒りの日』、カイ・ムンクの戯曲『御言葉』を原作に、家族の葛藤と信仰の真髄を問い、ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した代表作『奇跡』、そして愛を探し求め続けた一人の女性の姿を完璧な様式美の映像で捉えた遺作にして集大成的作品『ゲアトルーズ』の4作品をラインナップ。すべてデジタルリマスタリングされた素材での上映となり、新素材での劇場上映は『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』の3作品は今回が初めて、『裁かるゝジャンヌ』は2019年に行われた特集上映「ゴーモン 珠玉のフランス映画史」以来の貴重な上映となる。

  あわせて公開されたティザービジュアルでは、ルネ・ファルコネッティ演じる『裁かるゝジャンヌ』のジャンヌの祈りを捧げる姿を中心に、4作品の象徴的な場面写真がデザインされている。

1007_ctd_vredensdag-a
1007_ctd_gertrud-a
1007_ctd_jeanne-a
1007_ctd_ordet-a
previous arrow
next arrow
 
1007_ctd_vredensdag-a
1007_ctd_gertrud-a
1007_ctd_jeanne-a
1007_ctd_ordet-a
previous arrow
next arrow

■公開情報
「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」
12月下旬より、シアター・イメージフォーラムほかにて全国順次開催

『裁かるゝジャンヌ』
監督・脚本・編集:カール・テオドア・ドライヤー
歴史考証:ピエール・シャンピオン
撮影:ルドルフ・マテ
出演:ルネ・ファルコネッティ、アントナン・アルトー
1928年/フランス/モノクロ/スタンダード/ステレオ/97分
伴奏音楽作曲・演奏・録音:カロル・モサコフスキ(オルガン奏者)(2016年)
(c)1928 Gaumont

『怒りの日』
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー
原作:ハンス・ヴィアス=イェンセン
撮影:カール・アンデルジョン
時代考証:カイ・ウルダル
出演:リスベト・モーヴィン、トーキル・ローセ
1943年/デンマーク/モノクロ/スタンダード/デンマーク語/モノラル/94分
(c)Danish Film Institute

『奇跡』
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー
原作:カイ・ムンク
撮影:ヘニング・ベンツセン
出演:ヘンリック・マルベア、エーミール・ハス・クリステンセン
1954年/デンマーク/モノクロ/スタンダード/デンマーク語/モノラル/126分
(c)Danish Film Institute

『ゲアトルーズ』
監督・脚本:カール・テオドア・ドライヤー
原作:ヤルマール・セーデルベルイ
舞台美術:カイ・ラーシュ
衣装:ベーリット・ニュキェア
出演:ニーナ・ペンス・ロゼ、ベンツ・ローテ
1964年/デンマーク/モノクロ/ヴィスタ/デンマーク語/モノラル/118分
(c)Danish Film Institute

配給:ザジフィルムズ
公式サイト:http://www.zaziefilms.com/dreyer2021



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる