フジテレビ深夜アニメ枠「+Ultra」がクランチロールと協業 新企画にはスロウカーブも参画

 フジテレビ深夜アニメ枠「+Ultra(プラスウルトラ)」が米クランチロール社との共同製作体制を敷くことに決定。新企画の共同開発に株式会社スロウカーブが参画し、新たな製作体制をスタートさせることが発表された。

 「海外にアニメカルチャーを広げたい」というコンセプトのもと、高品質で世界基準のアニメ作品を、全世界に向けて発信してきたフジテレビのアニメ枠「+Ultra」。

 クランチロールは、2021年8月にソニーピクチャーズグループのファニメーショングローバルグループが傘下に加えたアニメ配信サービス。世界200以上の国や地域でコンテンツ配信を行い、無料会員数1億2000万人、有料会員数500万人とアニメ配信サービスとしては世界最大級のプラットフォームだ。

 クランチロールがこれまで蓄積したノウハウや知見を生かしたアニメーションの企画開発・製作を共同で行っていく。また、クランチロールは北米・欧州を中心に、アジア以外の全世界で「+Ultra」コンテンツのマーケティングと独占配信、および商品化を含めたアニメビジネスをより一層強力に展開していく。

 そして、アニメーションを中心に、様々なエンターテインメントコンテンツの企画・プロデュース・宣伝を手がける総合クリエーティブ企業であるスロウカーブが、これまで「+Ultra」枠で担ってきたマーケディングプロデュースに加えて、世界に向けたアニメーションの企画開発にも参画していく。

 新たなパートナーを迎え、2022年4月以降のラインナップの共同開発が予定されており、『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの谷口悟朗が総監督を務めるオリジナルアニメーション企画『エスタブライフ』や、『人形の国』『シドニアの騎士』『BLAME!』などを手がけ、国内外で高い人気を誇る漫画家・弐瓶勉×ポリゴン・ピクチュアズ新プロジェクトのほか、クランチロールの参画による、海外のタレントやクリエイターとの協業企画なども検討中。海外市場を視野に入れたオリジナル企画の開発や、原作の発掘などを予定している。

 また、共同開発作品に先駆けて、2021年10月から「+Ultra」枠で放送される『マブラヴ オルタネイティヴ』では、「+Ultra」とクランチロールによるマーケティング・独占配信を実施し、北米・欧州を中心とした、アジア以外の全世界での独占配信が決定した。原作ゲーム待望のアニメ化となる『マブラヴ オルタネイティヴ』は、エイベックス・ピクチャーズとグラフィニカが設立したFLAGSHIP LINEが初制作を担当する。アニメの放送に合わせ、「Project MIKHAIL」といった新作ゲームのリリースも予定されている。

「+Ultra」枠プロデューサー・森彬俊(フジテレビ・アニメ制作部)コメント

2018年10月よりスタートした“+Ultra”枠は、4年目を迎え、新たなビジネスパートナーとして、クランチロール社を迎えることができました。日本のアニメは、国内にとどまらず海外のユーザーも注目する映像コンテンツです。クランチロール社の持つ、配信プラットフォームは欧米を中心とした海外のアニメファンを中心に大きな影響力を有しており、“+Ultra”の作品が世界に届く力強い推進力になると期待しています。またこれまで“+Ultra”のマーケティングを行なってきたスロウカーブ社が、より本格的に企画開発に参画してくれることになり、クランチロール社の持つ北米・欧州を中心としたアニメファンへの知見やノウハウも加えた、アニメーションの企画開発を行うことが可能になります。世界に向けたコンテンツを掲げてスタートした“+Ultra”は、2018年からのフェーズ1を終え、新しくフェーズ2をスタートしていきます。今後の魅力的なラインナップにぜひご期待ください。

クランチロール公式サイト:https://www.crunchyroll.com/
スロウカーブ公式サイト:www.slowcurve.co.jp/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる