ニコラス・ケイジがふんどし姿に 『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』予告編公開

ニコラスケイジ×園子温タッグ作の本予告

 10月8日より公開される『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の予告編が公開された。

 本作は、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』のニコラス・ケイジが主演を務める、『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』の園子温監督のハリウッドデビュー作。『キングスマン』のソフィア・ブテラ、監督としても活躍するニック・カサヴェテス、ビル・モーズリー、TAK∴(坂口拓)、中屋柚香、栗原類、渡辺哲、潤浩らが脇を固める。

 舞台は架空の未来都市サムライタウン。悪名高き銀行強盗のヒーロー(ニコラス・ケイジ)はある日、街を牛耳る悪徳支配者ガバナー(ビル・ モーズリー)のもとから逃げ出したバーニス(ソフィア・ブテラ)を連れ戻すよう命令を受ける。いったんはその命令を拒んだものの、制限時間を超えると爆発するスーツを無理やり装着され、ゴーストタウンまでバーニスを追う羽目に。決められた時間内にサムライタウンに戻らねば自身の命が危ない。ヒーローは無事時間内にバーニスを連れ戻すことができるのか。

映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』予告編

 公開された予告編では、ケイジ演じるヒーローとブテラ演じるバーニスが、「ここはゴーストランド。逃げ出すことはできない」と何者かに宣告されるシーンから始まる。狐や般若の面を被った人が立ち並ぶサムライタウンへ場面が映ると、銀行強盗で罪人として投獄されていたヒーローが、フンドシ一枚で強制的に牢獄から連れ出される注目のシーンが。悪徳支配者ガバナー(ビル・ モーズリー)から、「凶悪犯の君にしかできない仕事だ」と保釈と引き換えに、ガバナーの孫娘バーニスを連れ戻す仕事を引き受けるヒーローだったが……。不気味に立ち上がるきのこ雲。「助けて!」と泣き叫ぶバーニス。そんな混沌とした状況のなか、悪こそ正義、ヒーローが時間の止まったゴーストランドの時計台の上で、囚われた住民たちに向けて吠える。「不可能だと!? 必ずお前たちを自由にする!」。果たしてゴーストタウンの住民を自由にすることができるのか。そして時間内にバーニスを連れ戻し、爆発するスーツを無事に脱ぐことができるのか。

■公開情報
『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』
10月8日(金)より、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー
監督:園子温
出演:ニコラス・ケイジ、ソフィア・ブテラ、ビル・モーズリー、ニック・カサヴェテス、TAK∴、中屋柚香、YOUNG DAIS、古藤ロレナ、縄田カノン
脚本:アロン・ヘンドリー、レザ・シクソ・サファイ
音楽:ジョセフ・トラパニーズ
配給:ビターズ・エンド
2021/アメリカ/105分/カラー/原題:Prisoners of the Ghostland/PG-12
(c)2021 POGL SALES AND COLLECTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
公式Twitter:@POTG_movie
公式Facebook:@POTG.movie



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる