有村架純が子供たちの手を引いて散歩、志尊淳は椅子取りゲーム 『人と仕事』新場面写真

有村架純×志尊淳『人と仕事』新写真

 10月8日公開のドキュメンタリー映画『人と仕事』の新場面写真が公開された。

 本作は、『新聞記者』『パンケーキを毒見する』などのスターサンズ・河村光庸プロデューサーが企画したもの。有村架純と志尊淳がコロナに打ちひしがれた日本の職場で「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士、介護士などの人々、その他、声なき仕事人たちの現状をレポートする。『さんかく窓の外側は夜』の森ガキ侑大が監督を務め、二人の俳優が、役ではなく、一仕事人として現代社会と向き合い、仕事の意味を再発見し、生きて行く上で切っても切り離せない仕事の価値を改めて見出していく。

 有村と志尊はそのままの“自分”としてスクリーンに登場。保育士や農業といった職業に従事している人々のもとに赴き、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、現代社会の陰影を浮彫りにしていく。

 公開された場面写真では、リモートではできない、そこにいなければできない仕事に従事する「エッセンシャルワーカー」である保育士の仕事を体験し、実際に子供たちと触れ合う、有村と志尊の姿が写し出されている。

 有村は、他の保育士と一緒に子供たちの手を引きながらのお散歩。笑顔の子供たちと同じ方向に視線を向け、歩調を合わせて街中を歩いている。志尊は、教室内で子供たちと椅子取りゲーム。駆けまわる子供たちと一緒に夢中になって遊んでいる、彼のむじゃきな様子がうかがえる。本作では、実際に子供と触れ合う仕事を体験し、保育士の方々からリアルな話を聞いたことで、二人は「役者」として、そしてひとりの「人」として、何を感じ、何を考えたのかを語っている。

■公開情報
『人と仕事』
10月8日(金)公開
出演:有村架純、志尊淳
監督:森ガキ侑大
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
配給:スターサンズ/KADOKAWA
(c)2021『人と仕事』製作委員会
公式サイト:hitotoshigoto.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる