志尊淳、犬飼貴丈らが『青天を衝け』に新風を吹き込む 栄一と慶喜が踏み出した新たな道

志尊淳、犬飼貴丈らが『青天を衝け』に初登場

 大河ドラマ『青天を衝け』(NHK総合)第21回「篤太夫、遠き道へ」では、栄一(吉沢亮)がフランスへと旅立つこととなる。

 パリ万国博覧会に慶喜(草なぎ剛)の弟・徳川昭武(板垣李光人)が参加。慶喜は栄一ならば会計や雑用を担当しながら外国人を敵視する水戸藩士の暴走を抑えることができるとパリ行きを打診し、それを栄一は承諾した。年数にして3年から5年にわたるフランスでの物語が描かれる「パリ編」前の回ということもあり、栄一はしばらく別々の道を歩んでいた喜作(高良健吾)や牢獄にいる長七郎(満島真之介)といった血洗島からの旧友たちに会い、さらには平九郎(岡田健史)を見立て養子に定め、親愛なる千代(橋本愛)へと思いを綴った文を送った。

 栄一は慶喜とも久しぶりに2人きりの時間を過ごす。第15代将軍となった慶喜とは初対面の栄一。ナポレオン3世から譲り受けたというフランス軍服姿を身に纏った慶喜は威風堂々とした佇いである。あんなにも将軍になることを反対していた栄一もその姿を見て思わず笑みがこぼれる。栄一は昭武に欧州で知見を広めさせ、その上で将軍職を継がせたいという慶喜の思慮深い考えを聞き、慶喜と共に声を揃えて徳川家康の遺訓を唱える。

「おのれを責て人をせむるな 及ばざるは過たるよりまされり」

 心を通わせる2人はまた新たな道を進んでいくこととなる。

 また、栄一は出航の前に神奈川奉行所にて幕府の外国方の面々と顔を合わせる。初登場となるのは、外国奉行支配の杉浦愛蔵(志尊淳)に、奥詰医師の高松凌雲(細田善彦)、外国奉行支配の福地源一郎(犬飼貴丈)、昭武の傅役として使節団に随行する山髙信離(山本浩司)。特に杉浦は栄一と親交を深め、やがて家族ぐるみのつきあいをするほどの仲となる。演じる志尊淳は今回が大河ドラマ初出演。出演シーンはまだわずかではあるものの、栄一に使節団のメンバーを紹介する物腰の柔らかい姿は誰に対しても壁を作らないその人柄が見て取れる。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる