『わかっていても』主演ハン・ソヒが大変身 Netflix『マイネーム』10月15日配信へ

 Netflixで配信中の人気韓国ドラマ『わかっていても』で主人公ユ・ナビ役を務めたことで記憶に新しいハン・ソヒが主演のNetflixシリーズ『マイネーム:偽りと復讐』が、10月15日から配信される。

 本作の監督・演出を務めるのは、模範生の主人公が学校外でお金欲しさに犯罪に手を染め、その代償を払うことになる様子を描いた『人間レッスン』のキム・ジンミン。ギャングの一員の娘、ジウ(ハン・ソヒ)が犯罪組織のボスの後ろ盾を受けながら、父親の死の真相を求め、警察組織の中でスパイとなって復讐に燃える物語となっている。自分のすぐそばで命を奪われた父。たとえどんな代償を払おうことになろうと必ず仇を討つと誓い、冷酷な真実に直面していくという役柄は、『わかっていても』や『夫婦の世界』で演じたものとは一変して、アウトローな雰囲気を放つ。

 高校生の売春斡旋など、刺激的なテーマと暴力的な描写が目を引いた『人間レッスン』に
引き続き、キム・ジンミンが一層ノワール色を本作で強めたことが、公開されたポスターからも窺える。ポスターには暗い路地裏でフードを被ったハン・ソヒが、血塗れの刃物を持って佇む。その周囲には人が倒れ、地面は濡れている。『わかっていても』では学生っぽさを感じるデイリーカジュアルなルックスや、キュートなヘアメイクでかわいい印象だったものの、衣装もオールブラックでレザーのアウターを身にまとうなど、180度違う。

 韓国版のポスターに掲げられたキャッチコピーは、「怪物になってもいい。あなたは私が殺す」というもの。父を殺した犯人への復讐心の強さが滲み出ている。また、ハン・ソヒのほかにも、『凍てついた愛』や『道化師たち:風聞操作団』で知られるパク・ヒスン、『梨泰院クラス』や『ユミの細胞たち』で知られるアン・ボヒョンが出演予定。10月15日より世界190カ国同時配信となる。

■配信情報
『マイネーム:偽りと復讐』
Netflixにて、10月15日(金)独占配信



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる