松井玲奈主演『幕が下りたら会いましょう』予告編&本ビジュアル 公開日は11月26日に

 松井玲奈主演映画『幕が下りたら会いましょう』が11月26日より新宿武蔵野館ほか全国公開されることが決定。本ビジュアルと予告編が公開された。

 映画初単独主演となる松井玲奈。実家の美容室を手伝いつつ、鳴かず飛ばずの「劇団50%」を主宰している主人公・麻奈美役を務める。また、麻奈美の妹・尚役は筧美和子、麻奈美の母・京子役はしゅはまはるみ、演出家・麻奈美のバディ的存在・早苗役は日高七海が演じる。そのほか、江野沢愛美、木口健太、目次立樹、大塚萌香、丘みどり、袴田吉彦などが出演する。

 麻奈美が主宰する劇団員の結婚祝いで集まって馬鹿騒ぎをしていたある夜、妹の尚が資材置場で亡くなった。その日、 尚からの着信があったにもかかわらず電話に出なかった麻奈美は、 複雑な思いを抱えてしまう。 母親・京子との新たな確執が生まれる中、劇団仲間の早苗と妹の部屋を引き払いに東京へ。 麻奈美は様々な人々との出会いと再会を経て、自分自身と向かい合っていく。

『幕が下りたら会いましょう』予告編公開

 監督を務めるのは、元役者で現在は会社員としても働く前田聖来。 MOOSIC LAB 2018で発表した短編『いつか輝いていた彼女は』が高い評価を得て、本作が初の商業映画となる。撮影は『本気のしるし 劇場版』や『岬の兄弟』の春木康輔、共同脚本は『アストラル・アブノーマル鈴木さん』や『ウルフなシッシー』の大野大輔、音楽はあらかじめ決められた恋人たちへの池永正二、主題歌はJam Flavorがそれぞれ担当する。

松井玲奈
筧美和子
しゅはまはるみ
日高七海
江野沢愛美
木口健太
目次立樹
大塚萌香
丘みどり
袴田吉彦
hibiki
前田聖来
previous arrow
next arrow
 
松井玲奈
筧美和子
しゅはまはるみ
日高七海
江野沢愛美
木口健太
目次立樹
大塚萌香
丘みどり
袴田吉彦
hibiki
前田聖来
previous arrow
next arrow

『幕が下りたら会いましょう』場面写真

■公開情報
『幕が下りたら会いましょう』
11月26日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国公開
出演:松井玲奈、筧美和子、しゅはまはるみ、日高七海、江野沢愛美、木口健太、大塚萌香(新人)、目次立樹、安倍乙、亀田侑樹、山中志歩、田中爽一郎、hibiki(lol-エルオーエル-)、篠原悠伸、大高洋子、里内伽奈、濱田のり子、藤田秀世、出口亜梨沙、丘みどり(友情出演)、袴田吉彦
監督:前田聖来
脚本:大野大輔、前田聖来
音楽:池永正二
主題歌:Jam Flavor「CRY〜戻りたい夜を〜」
エグゼクティヴ・プロデューサー:高木雅共
プロデューサー:猪野秀碧、岡田康弘、細見将志、田中佐知彦
企画:直井卓俊
製作・宣伝:エイベックス・エンタテインメント
制作協力:Ippo
配給:SPOTTED PRODUCTIONS
(c)avex entertainment Inc
公式サイト:http://makuai-movie.com



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる