韓国発サイコホラー『整形水』沢城みゆきら参加の吹替版本予告 6点の場面カットも公開

『整形水』吹替版本予告&場面カット公開

 9月23日に公開される韓国発サイコホラー映画『整形水』の日本語吹替版本予告と場面カットが公開された。

 本作は、日本では「LINEマンガ」で独占配信中、グローバルでの累計閲覧数は31億回を超えるオムニバス作品『奇々怪々』をアニメーション映画化したもの。誹謗中傷、外見至上主義といった現代社会の闇、美しくなりたいという人間の果てなき欲望と狂気を描く。本作がデビュー作となる、チョ・ギョンフンが監督を務めた。

 小さい頃から外見に強いコンプレックスを持ち“整形水”を手に入れることで驚きの変貌を遂げる主人公イェジ/ソレ役を演じるのは沢城みゆき。イケメンで高学歴の新人俳優ジフン役には諏訪部順一、イェジの外見を罵りからかう傲慢な態度の人気タレント・ミリ役には上坂すみれ、芸能事務所のマネージャーキム役には日野聡が名を連ねた。

映画『整形水』日本語吹替版本予告

 本予告には、“整形水”で思い通りの容姿に変身し、文字通り“新しい自分へと生まれ変わる”様子が映し出される。母親も気付かないほど美しく生まれ変わり、名前をソレへと変えて新たな人生をスタートさせたイェジ。完璧なスタイルと美貌を手に入れ、ようやく幸せを手に入れたかと思われたものの、迫りくる“何か”に追い詰められていく。TVでは不穏なニュースが流れ、次々とショッキングな“振り切れた”カットが映し出されていく。美しさとは一体何なのか。美をもって現代社会の闇を問いかける予告編に仕上がっている。

 場面カット6点では、主人公が美女・ソレへと生まれ変わったシーンを公開。妖艶で自信に満ち溢れた姿や、“整形水”を使用する前のイェジに優しく接してくれたイケメン新人俳優・ジフンと高級レストランでディナーを共にする姿などが収められている。一方、中には肌がただれる場面も。外見の誹謗中傷によって虐げられ、美を渇望したイェジが、“完璧な美”を手に入れたその先に待っているものとは。本作の監督を務めるチョ・ギョンフンは「自分の外見への恐怖、他人の視線に対する恐怖を観客にストレートに投げかけました。現実の世界と、整形や加工技術によって作られた世界。私たちみんなが作り出し、抜け出せないでいる、外見至上主義に対する絶望と悲しみを表現しようと思いました」と語っている。

『整形水』場面カット

■公開情報
『整形水』
9月23日(木・祝)全国公開
原作:オ・ソンデ(LINEマンガ『奇々怪々』内「整形水」)
監督:チョ・ギョンフン
提供:トムス・エンタテインメント
配給:トムス・エンタテインメント/エスピーオー
2020年/韓国/85分/カラー/ビスタ/5.1ch/英題:Beauty Water/翻訳:小西朋子/PG12
(c)2020 SS Animent Inc. & Studio Animal &SBA. All rights reserved.
公式サイト:seikeisui.jp
公式Twitter:@seikeisui



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる