『DIVOC-12』本予告に横浜流星、松本穂香、清野菜名ら登場 公開日は10月1日に決定 

『DIVOC-12』本予告公開

 12人の監督が描く12の物語からなる映画『DIVOC-12』の公開日が10月1日に決定。あわせて本予告が公開された。

 本作は、株式会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが発足した、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けているクリエイター、制作スタッフ、俳優が継続的に創作活動に取り組むための、12人の映像監督による12本の短編映画製作プロジェクト。藤井道人、上田慎一郎、三島有紀子の3名が、プロジェクトの中核となって映画制作を牽引していく。

 “成長への気づき”というテーマを掲げる藤井監督チーム。藤井監督作品『名もなき一篇・アンナ』の主演は横浜流星、志自岐希生監督作品『流民』の主演は石橋静河、林田浩川監督作品『タイクーン』には、オーディションにより発掘された小野翔平と窪塚洋介が出演。廣賢一郎監督作品『ココ』の主演は笠松将が務める。

 “感触”をテーマに掲げる上田監督チーム。上田監督作品『ユメミの半生』の主演は松本穂香、共演に小関裕太、ふくだみゆき監督作品『魔女のニーナ』の主演は安藤ニコ、共演には家族YouTuberのおーちゃん、中元雄監督作品『死霊軍団 怒りのDIY』の主演は清野菜名、共演に高橋文哉、エバンズ未夜子監督作品『あこがれマガジン』の主演は小川紗良と横田真悠が務める。

 “共有”をテーマに掲げる三島有紀子監督チーム。三島監督作品『よろこびのうた Ode to Joy』の主演は富司純子と藤原季節、山嵜晋平監督作品『YEN』の主演は蒔田彩珠、共演に中村守里、齋藤栄美監督作品『海にそらごと』の主演は中村ゆりと高田万作、加藤拓人監督作品『睡眠倶楽部のすすめ』の主演は前田敦子が務める。

 本予告は、「忘れないよ、忘れない」と遠くを見つめながら呟く横浜、バイクで疾走する松本と小関のほか、12本の作品が俳優陣と共に映し出される。

 また、本作の主題歌がyamaによる新曲「希望論」に決定。12人の映画監督とともに、COVID-19を乗り越えて行きたいという思いが込められた楽曲になっている。yamaは「この曲に込めた思いは『この歌だけ僕の本当だ』と歌にある通りです。正解か不正解かは問題ではなく自分だからこそ見える景色を作品として残し続けること。それが自身の存在証明であり真実です。『希望論』という曲が皆さんに少しでも伝われば嬉しいです」とコメントしている。

『DIVOC-12』本予告

※高田万作の「高」ははしごだかが正式表記

■公開情報
『DIVOC-12』
10月1日(金)公開
キャスト:横浜流星、松本穂香、小関裕太、富司純子、藤原季節、石橋静河、小野翔平、窪塚洋介、安藤ニコ、おーちゃん、清野菜名、高橋文哉、蒔田彩珠、中村守里、中村ゆり、高田万作、笠松将、小川紗良、横田真悠、前田敦子
監督:藤井道人、上田慎一郎、三島有紀子、志自岐希生、林田浩川、ふくだみゆき 中元雄、山嵜晋平、齋藤栄美、廣賢一郎、エバンズ未夜子、加藤拓人
主題歌:yama「希望論」(MASTERSIX FOUNDATION)
製作・配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 
(c)2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.
公式サイト:https://www.divoc-12.jp
公式Twitter:@divoc_12
公式Instagram:@divoc_12



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる