梶裕貴、物語の鍵として『ボイスII』第5話出演 「崩れ落ちるくらい疲労困憊でした」

梶裕貴、『ボイスII』出演で「疲労困憊」

 日本テレビ系土曜ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』の第5話に、声優の梶裕貴が出演することが決定した。

 本作は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の2年ぶりの続編。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃えた男・樋口彰吾を演じた唐沢寿明と、特殊能力を生かし、事件の鍵を“声”と“音”で紐解く緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役の真木よう子、警察官・石川透役の増田貴久が前作に引き続き出演する。

 『進撃の巨人』の主人公エレン・イェーガー役、『七つの大罪』の主人公メリオダス役などで知られる梶。第5話では、声を頼りに脱出を図る樋口と、梶演じる男の“声”のやり取りが物語の鍵となる。

 出演が決定した梶からはコメントが寄せられている。

梶裕貴 コメント

出演オファーを受けて

『ボイス』という“声”がキーワードとして存在している作品にお声がけいただき、すごく嬉しかったです。実際に、演じさせていただいた役も“声”での出演が大部分を占めています。物語にとって、ある重要な意味合いを持つ彼。とても難しい役だなと感じました。

撮影を終えて

彼の気持ちに共感する部分もありつつ……かなり心を消耗しながらお芝居しました。監督と一緒に役づくりをさせていただけたような気がしていて、とても楽しかったです。アドレナリンが切れたのか、撮影後はガクッと崩れ落ちるくらい疲労困憊でした。

“声”がテーマの『ボイス』について

刑事と声紋分析官のタッグ、新しい世界観でワクワクします! 天才声優役なんかが犯人として登場したら、人間VS科学の構図になって面白そうですね! そんなハードル高い役は、僕には無理ですが……(笑)!

今後実写で挑戦したい作品

誰も傷つかない、平和で、のーんびりとした作品をやってみたいです(笑)。

ファンへのメッセージ

魅力的な俳優の皆様による繊細な感情表現、そして疾走感あふれるアクションを存分にお楽しみください。本作は“現代社会の闇”をひとつのテーマに作られているかと思いますが、同時に“人間の心にある光”もしっかりと描かれているように感じました。僕が演じさせていただいた役の気持ちにも寄り添って、じっくりご覧いただけたら幸いです。

■放送情報
『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系にて、毎週土曜22:00〜放送
出演:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久、宮本茉由、中川大輔、藤間爽子
原作: Based on the series “Voice”,produced and distributed
by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd,and written by Jinwon Ma.
脚本:浜田秀哉
音楽:ゲイリー芦屋
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、能勢荘志、戸倉亮爾 (日テレアックスオン)
演出:大谷太郎、久保田充、西村了(日テレアックスオン)、茂山佳則(日テレアックスオン)
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice2/
公式Twitter:@voice_ntv
公式Instagram:@voice.ntv



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる