竹財輝之助、『鎌倉殿の13人』で八重の兄・伊東祐清に 「興奮と緊張が半端ないです」

『鎌倉殿の13人』伊東祐清役に竹財輝之助

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、伊東祐清役を竹財輝之助が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 伊東祐清は、伊豆国の大豪族・伊東祐親(辻萬長)の子であり、八重(新垣結衣)の兄。『篤姫』以来、2度目の大河ドラマ出演となる竹財は、「有栖川宮熾仁親王として出演させていただきました。あまりの緊張でよく覚えていないので、今回はしっかり胸に刻みたいと思います」と語る。また、『半沢直樹』(TBS系)に続き共演となった北条宗時役の市川愛之助との共演については、「今回は大事なところを握られないように相対したいと思います! 」とユーモア溢れるコメントを寄せた。

 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

伊東祐親の次男、祐清を演じさせていただきます。武将としては心優しく、家族思いの人物で、妹の八重のことをとても大切にしている、いいお兄ちゃんの印象があります。大河ドラマで武将を演じるというのが役者として一つの目標だったので、興奮と緊張が半端ないですが、幸せな日々を送らせてもらっています。『曽我物語』に繋がる人物でもあるので、親族のゴタゴタの中で揺れ動く心情を丁寧に演じていきたいと思います!

大河ドラマ出演について

2008年の『篤姫』に有栖川宮熾仁親王として出演させていただきました。あまりの緊張でよく覚えていないので、今回はしっかり胸に刻みたいと思います。

三谷幸喜作品への出演について

三谷作品は初めて出演させていただきますが、脚本だけでも読み物として面白いので、繰り返し読んでしまいます。時代劇でも三谷さんのユーモアは健在ですね!演者としてはプレッシャーを感じていますが、いち視聴者として演者の皆さんがこの脚本をどう料理するのかとても楽しみで、今後の参考にさせていただきたいなと思っています。

共演者について

北条宗時役の愛之助さんとは『半沢直樹』以来ご一緒させていただくのですが、今回は大事なところを握られないように相対したいと思います!

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる