父の最期を看取るため帰郷した姉弟が味わう恐怖 『ダーク・アンド・ウィケッド』11月公開

 ホラー映画『The Dark and The Wicked (原題)』が、『ダーク・アンド・ウィケッド』の邦題で11月26日より公開されることが決定した。

 シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀女優賞と撮影賞の2部門を受賞した本作は、父の最期を看取るため帰郷した姉弟が怪異に襲われる様子を描いたホラー映画。山奥の一軒家でカップルを襲う恐怖の一夜を描いた2008年の映画『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』のブライアン・ベルティノが監督を務めた。主演を務めたのは、アカデミー賞作品賞候補に挙がった『アイリッシュマン』『最後の追跡』のマリン・アイルランドと、A24が手がけた『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』の主役に抜擢されたマイケル・アボット・Jr.。

 両親から離れてそれぞれ暮らすルイーズとマイケルの姉弟は、父の病状が悪化したとの報せを聞き、久方ぶりに生家であるテキサスの人里離れた農場を訪れる。父はそこで母に見守られ、ひっそりと最期を迎えようとしていた。ところが母は「来るなと言ったのに……」と彼らを突き放す。やがて彼らは両親の様子がおかしいことに気づく。そしてその夜、母が首を吊って亡くなった。それは彼らを待ち受ける想像を絶する恐怖の幕開けにすぎなかった。

 あわせて公開された日本版アートワークには、大量の動物の死骸が打ち捨てられた農場と、そこに呆然と佇む姉弟が収められている。果たして、田舎の農場を襲う“邪悪なもの”とは……。

■公開情報
『ダーク・アンド・ウィケッド』
11月26日(金)より全国公開
監督・脚本・製作:ブライアン・ベルティノ
出演:マリン・アイルランド、マイケル・アボット・Jr.、ザンダー・バークレイ、ジュリー・オリバー・タッチストーン、マイケル・ザグスト
音楽:トム・シュレーダー
撮影:トリスタン・ネイビー
編集:ウィリアム・ブーデル、ザカリー・ワイントローブ
配給:クロックワークス
2020年/アメリカ/カラー/95分/シネマスコープ/英語/5.1ch/原題:The Dark and the Wicked/字幕翻訳:本庄由香里/レイティング:PG12
(c)2020, Panther Branch, LLC All Rights Reserved
公式サイト:https://klockworx-v.com/dark-wicked/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる