『Sweet Home』『ナビレラ』に続き『わかっていても』も話題 人気俳優ソン・ガンの魅力

『わかっていても』ソン・ガンの魅力が爆発

 Netflixで6月20日から配信が始まった『わかっていても』。7月1日現在、配信サービスの今日の総合TOP10(日本)にランクインされており、人気の高さがわかる。そして、本作は人気ジャンルであるコメディを封印して男女のリアリティの高い恋愛を描いている点が見どころであり、主演を務めるソン・ガンが脚光を浴びている。

 ソン・ガンが一躍有名になるきっかけとなった作品は、2020年に配信されたNetflixのオリジナルドラマ『Sweet Home-俺と世界の絶望-』。この作品で主人公チャ・ヒョンスを演じた。ひきこもりという内面的な問題を抱え、外見がモンスター化したヒョンスを同時に表現する難しい大役を見事に果たした。配信からわずか4週間で全世界の2200万世帯を魅了。今年開催された、韓国のゴールデングローブ賞とも呼ばれる「百想芸術大賞」新人賞にノミネートされた。

『Sweet Home-俺と世界の絶望-』Netflixにて配信中

 それに続き『ナビレラ~それでも蝶は舞う~』では、70歳で幼い頃から憧れていたバレリーノを目指すシム・ドクチュル(パク・イナン)とバレエスタジオで出会い、現実と葛藤する青年チェロク役で出演。ドクチュルとチェロクの絆に感動する声に加えて、ソン・ガンの造り上げた体と華麗なバレエは好評で話題となった。

『ナビレラ~それでも蝶は舞う~』Netflixにて配信中

 俳優として着実にスターダムにのし上がっているソン・ガンだが、俳優としてのデビューは日本の漫画『カノジョは嘘を愛しすぎている』をリメイクしたドラマだ。当時から、甘いマスクと高身長で「漫画から出てきたような男」とも呼ばれ、今回のドラマ『わかっていても』にもピッタリだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる