Sexy Zone 菊池風磨、生徒役で放ってきた存在感 『イタイケに恋して』での新キャラに期待

 7月1日スタートのドラマ『イタイケに恋して』(読売テレビ・日本テレビ系)にSexy Zoneの菊池風磨が出演する。渡辺大知、アイクぬわら(超新塾)とともにトリプル主演を務める本作は、シェアハウスで暮らす不器用な男子3人が恋のキューピッドとして奮闘するラブコメディ。菊池が演じるのは、プライドが高めな売れない若手俳優・飯塚将希役。事前情報によれば、惚れやすくて、すぐに本気で告白をしてしまう一面を持ち、毎話本気で恋をして、毎話本気で告白をしてしまうとある。

【渡辺大知×菊池風磨×アイクぬわら主演】新ドラマ「イタイケに恋して」放送直前!見どころまとめSP

 放送に咲先駆けて公開された番組公式YouTubeの動画では、劇中で花火をしたりキメ顔をしたりする菊池の姿が。これまでの出演作品を振り返ってみると、学園ドラマにおいてクラスの中心人物を演じてきた菊池の特徴が活かされることになりそうだ。

 2013年放送『仮面ティーチャー』(日本テレビ系)では、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)演じる仮面ティーチャーこと荒木剛太の生徒、武原金造役を演じた。学級崩壊を起こした2年C組の生徒の中でも、リーダー格の金造。初回から剛太と対峙する場面があり、暴れ、騒ぐ生徒たちとは一線を画し、生徒たちの心に踏み込もうとする教師を一蹴するラスボス感があった。当初は反抗的な態度をとっていたが、数々の出来事をきっかけに心を動かされ、最終回では金造らしい成長をみせた。

 役柄上、こと細かく言葉で伝えたり、表情豊かに感情を表すタイプではなかった『仮面ティーチャー』での金造役。しかし、佇まいは変えずとも、鋭い目つきや、時には目を見開いて反抗的な態度も。そこから少しずつ心を開いていく様子、仲間に向けた言葉、最後は金造らしい柔らかな表情みせるなど、揺れ動く心境の変化を菊池は繊細に演じた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる