オダギリジョー×池松壮亮、息の合ったアドリブ合戦 『アジアの天使』メイキング映像公開

『アジアの天使』メイキング映像

 7月2日より公開される石井裕也監督作『アジアの天使』の特別映像が公開された。

 本作は、『生きちゃった』『茜色に焼かれる』の石井裕也監督が手掛けたヒューマンドラマ。95%以上のキャスト、スタッフが韓国チームであり、ロケもすべて韓国で行われた。

 主人公のシングルファーザー、青木剛を演じたのは『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』『ぼくたちの家族』など、石井監督作品常連の池松壮亮。剛が身を寄せる韓国在住の兄を、ギャラクシー賞月間賞も受賞した石井監督演出のTVドラマ『おかしの家』で主演を務めたオダギリジョーが演じる。元アイドルで売れない歌手のチェ・ソル役で、『金子文子と朴烈』で長編映画初主演を飾り、『Our Body』で第23回釜山国際映画祭「今年の俳優賞」を受賞したチェ・ヒソが出演する。

『アジアの天使』池松壮亮×オダギリジョーメイキング映像

 公開された特別映像は、オダギリと池松の撮影の様子を捉えたメイキング映像。ペラペラと話を続けるオダギリを無視し続ける池松だったが、しびれを切らして振り返り一言「そのデリカシーのなさやばいぞ、おまえのせいでこういう事態になったことを忘れるな!」と一蹴、目と目があった瞬間、オダギリの顔がほころんでしまう。

 笑いながらも芝居を続け、「お前って言うな、お兄ちゃんと呼べ」と返すオダギリだったが、オダギリにつられて池松も思わず吹き出してしまう。その後すかさず、「お前眼鏡かけるようになったのな、歳だなあ」と池松が身に着ける眼鏡に触れようとすると、池松もそれに即座に反応し「やめろよ!」と言って払いのける。

 そのあとも、オダギリがその眼鏡が何用の眼鏡かを問うと池松もすかさず「何用ってなんだよ!(笑)」と応える、息の合ったアドリブ合戦を繰り広げている。

■公開情報
『アジアの天使』
7月2日(金)テアトル新宿ほか全国公開
出演:池松壮亮、チェ・ヒソ、オダギリジョー
脚本・監督:石井裕也
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎、パク・ジョンボム、オ・ジユン
撮影監督:キム・ジョンソン
音楽:パク・イニョン
配給:クロックワークス
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、SECONDWIND FILM
製作:『アジアの天使』フィルムパートナーズ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会、KOFIC、ソウルフィルムコミッション、カンウォンドフィルムコミッション
(c)2021 The Asian Angel Film Partners



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる