『アジアの天使』3種類のメインビジュアル公開 デザインは韓国「propaganda」が担当

『アジアの天使』3種類のメインビジュアル公開 デザインは韓国「propaganda」が担当

 7月2日より公開される映画『アジアの天使』のメインビジュアル3種類が公開された。

 本作は、『生きちゃった』『茜色に焼かれる』の石井裕也監督が手掛けたヒューマンドラマ。95%以上のキャスト、スタッフが韓国チームであり、ロケもすべて韓国で行われた。

 主人公のシングルファーザー、青木剛を演じたのは『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』『ぼくたちの家族』など、石井監督作品常連の池松壮亮。剛が身を寄せる韓国在住の兄を、ギャラクシー賞月間賞も受賞した石井監督演出のTVドラマ『おかしの家』で主演を務めたオダギリジョーが演じる。元アイドルで売れない歌手のチェ・ソル役で、『金子文子と朴烈』で長編映画初主演を飾り、『Our Body』で第23回釜山国際映画祭「今年の俳優賞」を受賞したチェ・ヒソが出演する。

 3種のビジュアルのデザインを手掛けたのは韓国のデザイン会社「propaganda」(プロパガンダ)。日本の多くの映画ファンからも注目されている「propaganda」のデザインの特徴は、できる限り文字情報などをそぎ落とし、余白が多く、シンプルなこと。

 作品そのものから湧き上がるイメージを抽出し、宣伝要素に加えて、ひとつの「作品」として美意識の高いビジュアルを続々と制作している。

 メインビジュアルAには、背中に天使の羽が生えた池松演じる主人公・青木剛と家族たちが写し出されている。

 メインビジュアルBには、傷ついた日本と韓国の2つの家族が、1台のおんぼろトラックで旅をする姿が切り取られている。

 メインビジュアルCは、ハングルのロゴ(韓国語版のタイトル『あなたは信じないだろうけど』)とキャッチコピー(「天使と出会った」)が添えられたデザインとなっている。

■公開情報
『アジアの天使』
7月2日(金)テアトル新宿ほか全国公開
出演:池松壮亮、チェ・ヒソ、オダギリジョー
脚本・監督:石井裕也
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎、パク・ジョンボム、オ・ジユン
撮影監督:キム・ジョンソン
音楽:パク・イニョン
配給:クロックワークス
制作プロダクション:RIKIプロジェクト、SECONDWIND FILM
製作:『アジアの天使』フィルムパートナーズ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会、KOFIC、ソウルフィルムコミッション、カンウォンドフィルムコミッション
(c)2021 The Asian Angel Film Partners

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる