『恋はDeepに』石原さとみ演じる海音の時間は残りわずか 綾野剛演じる倫太郎には悲劇が

『恋はDeepに』石原さとみ演じる海音の時間は残りわずか 綾野剛演じる倫太郎には悲劇が

 毎週水曜22時より日本テレビ系で放送中の『恋はDeepに』。6月9日放送の最終回の場面写真が公開された。

 本作は、石原さとみが演じる、海を愛する海洋学者・渚海音と、綾野剛が演じる、マリンリゾート開発に人生をかけるツンデレ御曹司・蓮田倫太郎の運命的な恋を描くラブストーリー。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)、『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の徳尾浩司が脚本を担当し、石原と綾野のほか、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐らが出演する。

 6月2日放送の第8話では、意識を失った海音を病院へ連れて行った倫太郎(綾野剛)。自分のせいで、海音が無理をして、命を危険にさらしていることを知り、身を引く決意をする。そんな中、鴨居(橋本じゅん)は、大学関係者に対し、海音の経歴の公表を求められることに。そこへ海音が現れ、「星ヶ浜の海を守りたくてやって来たこと」「本当はここにいるべきではないこと」を説明。自分の正体を明かそうとした所に、突如倫太郎が現れ、海音のことを「人間じゃない」と発言。「そんな渚海音が、地上で一番大好きだ」と告白し、体を張って海音を守ろうとする。

 一方、蓮田トラストでは、榮太郎(渡邊圭祐)が香港の会社から騙されていたことが発覚。榮太郎による株の売却は、バラバラになっていた家族を思うが故の行動だった。その夜、3兄弟は、母親を亡くして以来、久しぶりに腹を割って話し、打ち解けた空気に包まれる。翌日、倫太郎は亡き母の指輪を渡そうと海音のもとへ。その時、「人間じゃないって、どういうことですか?」と教授・近藤(住田隆)が海音にしつこく説明を迫り、逃げようと倒れ込んだ所にトラックが。倫太郎は海音を庇おうと車の前に飛び出す。

 果たして倫太郎は無事なのか。さらに、海音には地上での生活との別れの時が迫っていた。

■放送情報
4月期水曜ドラマ『恋はDeepに』
日本テレビ系にて、毎週水曜22:00〜放送
出演:石原さとみ、綾野剛、今田美桜、大谷亮平、渡邊圭祐、橋本じゅん、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
脚本:徳尾浩司
チーフプロデューサー:加藤正俊
プロデューサー:枝見洋子、畠山直人、鈴木香織(AX-ON)、山口雅俊(ヒント)
演出:鈴木勇馬、岩本仁志、伊藤彰記
主題歌:back number「怪盗」(ユニバーサル シグマ)
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/deep/
公式Twitter:@deep_ntv
公式Instagram:@deep_ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる