『コタローは1人暮らし』第7話では、百田夏菜子と佐々木彩夏の“ももクロ共演”が実現

『コタローは1人暮らし』第7話では、百田夏菜子と佐々木彩夏の“ももクロ共演”が実現

 毎週土曜23時30分よりテレビ朝日系で放送されている横山裕主演ドラマ『コタローは1人暮らし』。6月5日放送の第7話では、コタロー(川原瑛都)と弁護士の小林綾乃(百田夏菜子)がメイド喫茶へ向かう。

 本作は、累計発行部数120万部を突破した津村マミの同名コミックをドラマ化したもの。子連れ入居禁止のアパートで、自堕落な日々を送る売れない漫画家・狩野進(横山裕)。ある日突然、隣の部屋に何やら訳アリな1人暮らしの5歳児・さとうコタローが引っ越してくる。誰よりもしっかりしているかと思えば、時に子どもらしい本音をのぞかせるコタローと衝撃の出会いを果たしたことで、狩野をはじめ同じアパートの住人たちも、大人としての責任や人を思いやる気持ちの大切さを改めて実感し、少しずつ成長していく。

 コタローたちが訪れるメイド喫茶では、「おかえりなさいませ、おぼっちゃま」と、コタローをお出迎えしてくれるメイド役で、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)がゲスト出演する。撮影現場で急遽、役名があーりんに変更になり、本人役で出演することになった佐々木は、「監督さんがセリフも『今日はあーりんが担当します!』でいいよと言ってくださったので、ガツガツとアピールさせていただきました(笑)」とニッコリ。百田演じる綾乃とともに、「萌え萌えキュルル~ン」と、ドリンクがおいしくなる魔法の呪文を唱えるシーンもあるなど、“ももクロ共演”が実現した。

 撮影終了後、「一緒の作品に出たことはあるんですけど、こういう形での共演は初めてだったのですごく新鮮でした!」と語った百田に、佐々木も「夏菜子ちゃんのおかげで参加させていただけて、うれしかったです!」と、大喜びの様子を見せた。

 また第7話では、厳しい母からのプレッシャーに押しつぶされそうになると突然眠ってしまう森田タクヤ(前多健登)に誘われて、コタローもまさかの家出を決意。家に帰らないと決めた2人が川沿いを歩いていると、幼稚園でタクヤの母に逆ギレされて自信喪失中の新任教諭・花輪景介(西畑大吾)と出会う。

百田夏菜子(小林綾乃役)&佐々木彩夏(あーりん役)コメント

佐々木彩夏(以下:佐々木):いきなりお邪魔しちゃって、ドラマの世界観を壊していないか心配だったんですけど……本人役ということで伸び伸びとやらせていただきました。最初は違う名前の名札だったんですが、途中で「あーりん」になりました!

百田夏菜子(以下:百田):私も見てビックリしました!

佐々木:最初は匂わせ程度の役名だったんですけど、監督さんが「セリフも『今日はあーりんが担当します!』でいいよ」と言ってくださったので、ガツガツとアピールさせていただきました(笑)。

百田 :圧がすごいんですよ、相変わらず(笑)。1発目からガンッてくるんです。急に雰囲気がガラッと変わるので、それを楽しんでいただければと思います。

佐々木:メンバーが出ているドラマに、ほかのメンバーが出演するという……こんなふうにドラマで共演するのはアイドルグループっぽくて憧れだったので、夏菜子ちゃんのおかげで参加させていただけて、うれしかったです!

百田:一緒の作品に出たことはあるんですけど、こういう形での共演は初めてだったのですごく新鮮でした!

佐々木:ぜひ楽しんでください!

■放送情報
『コタローは1人暮らし』
テレビ朝日系にて、毎週土曜23:30~0:00放送
出演:横山裕、川原瑛都、山本舞香、西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、百田夏菜子(ももいろクローバーZ)、生瀬勝久、光石研、峯村リエ、大倉孝二、イッセー尾形、出口夏希、間宮祥太朗
原作:津村マミ『コタローは1人暮らし』(小学館)(『ビッグコミックスペリオール』で連載中)
脚本:衛藤凛
音楽:篠田大介
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:都築歩(テレビ朝日)、尾花典子(ジェイ・ストーム)、松野千鶴子(アズバーズ)、岡美鶴(アズバーズ)
監督:松本佳奈 ほか
制作協力:アズバーズ
制作著作:テレビ朝日、ジェイ・ストーム
(c)津村マミ/小学館(『ビッグコミックスペリオール』連載中) (c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる