中村蒼、30代はネガティブを卒業? 『ネメシス』で共演、江口洋介の言葉で気づいたこと

中村蒼、『エール』から『ネメシス』まで語る

 広瀬すずと櫻井翔がW主演を務めるドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)。本作において欠かせないスパイスとなっているのが、勝地涼演じるタカと中村蒼演じるユージの刑事コンビだ。2人が広瀬と櫻井、そして江口洋介による“チームネメシス”相手に繰り広げる犯人捜しのバトル、同じく捜査一課の小山川薫(富田望生)とのユーモラスなかけ合いは毎話の恒例となり、視聴者からの反響も大きい。

 リアルサウンド映画部では、クランクアップを迎えたばかりの中村にインタビュー。勝地とのタッグ、朝ドラ『エール』(NHK総合)出演以降の反響から自身の演技についてまで話を聞いた。

自身の出演シーンは「手に汗を握りながら観ていますね(笑)」

ーー『ネメシス』クランクアップを迎えた今の心境は?

中村蒼(以下、中村):こういう世の中なのでどうなるかという不安はあったのですが、本当に無事に終えられて、ほっとしています。『ネメシス』では、毎話毎話ドラマとは思えないくらい豪華なセットで撮影させてもらいました。スタッフさんの力があってこその作品だと思います。素敵な人たちと仕事ができて嬉しいです。

ーースケールの大きさも『ネメシス』の一つの魅力だと。

中村:オールロケで、かつセットの作り込みもすごくて。実際に観てもそういう豪華さが画面にも映し出されているから、何気ないシーンもずっと観ていられるんです。

ーー中村さんはいち視聴者として、『ネメシス』をどんなふうにご覧になっていますか?

中村:やっぱり『ネメシス』の魅力は、キャラクターだと思うんです。僕は基本的にはネメシス探偵事務所の人たちしか絡む機会がなくて、あまり各話で出演される方々とお芝居することがなかったので、そういう人たちを画面で観られるのが毎週楽しみでした。

ーーご自身が出演しているシーンについてはどうですか?

中村:手に汗を握りながら観ていますね(笑)。タカとユージのコンビが好きと言ってくださる視聴者の方々の声も実際に耳にしていて非常に嬉しいのですが、自分としてはあまり実感が湧きません(笑)。

ーー今回、勝地涼さんとはバディとして共演しています。

中村:最初のほうは、お互いよく話す感じではなかったんですが、回を追うごとにバディになっていきましたね。勝地さんは経験豊富な役者の先輩なので、頼りにさせていただきました。すごく明るい方で、僕にも自然に歩み寄ってくださるんです。おかげさまで、勝地さんと楽しくお芝居をすることができました。

ーー勝地さんの演技を間近で見ていて吸収するものも大きかったですか?

中村:そうですね。勝地さんは本当にいろんなことをできる方なので。僕は勝手に自分でルールを決めて、「ここまでならOK」「こういうことをしたらNG」というのを計算してしまうんです。でも、勝地さんは計算せずに限界まで挑むし、そういう限界を毎回超える人。その自分を爆発させる力みたいなものが、すごく羨ましく映りました。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる