岡田健史の俳優としての成長が伝わる『桜の塔』 物語はついに最終決戦へ

岡田健史の俳優としての成長が伝わる『桜の塔』 物語はついに最終決戦へ

 『桜の塔』(テレビ朝日系)第7話は、千堂(椎名桔平)が引き起こした若槻(浜田晃)大臣の狙撃事件をきっかけに事態が急変。漣(玉木宏)と千堂の「必ず警視総監になってみせる」という思いがぶつかり合う。

 一番の見どころとなったのは、漣、千堂、吉永(光石研)、富樫(岡田健史)、土門(野間口徹)、そして矢上総監(尾美としのり)が一堂に会した場面であろう。警視総監レースのキーマンである若槻を狙撃するように千堂が指示した久瀬(浜田学)は、元SATで現役時代、同僚の深海を潜入捜査中に射殺していた。そこにはもう一人の同期であった刈谷(橋本じゅん)の姿も。久瀬は千堂から若槻に重傷を負わせれば何かしらの便宜を図り、深海を公務での殉職として扱い、二回級特進、その分の遺族年金も保証すると誓約書を結んでいた。

 つまりその誓約書が、千堂が裏で糸を引いていたという証拠。漣か千堂かどちらが早く誓約書を手に入れられるかが鍵となっていた。久瀬の取り調べを漣自らが行う中、さらに千堂が登場という異例中の異例の取り調べ室の裏で密かに動いていたのは、富樫。漣がプロファイリングによって導き出した居酒屋の店主の元に預けたという答えにいち早く向かっていた

 ダミーの誓約書を千堂に渡し、本物は自身の手の内に。その行動は警視総監になるためには犯罪に手を染めることも厭わない千堂の下劣な行為から生まれた、富樫の「正義を追い求めた結果」。「勝負あったな!」と勝利を確信する吉永だったが、そこに現れるのが矢上だ。

 矢上は、元警察官が起こした久瀬、刈谷、深海の件を蒸し返されたくはない。絶体絶命だった千堂の元に矢上という救世主が登場したことになる。つまり、「漣、吉永、富樫」VS「千堂、矢上、土門」という構図。矢上は富樫のキャリア、さらには交際している爽(広末涼子)の地位を引き換えにして、富樫を揺さぶりにかけていく。富樫の頭には「私にとって警察は特別なの。自分の正義を貫ける場所」という爽の言葉がリフレインする。

 「正義を追い求めた結果」ーーそう誓約書を見せつけていた富樫だったが、結局圧倒的な権力の前にはなす術もない。正義の名の下で葛藤しているのは、その悔しさに満ちた表情と誓約書を渡す握り拳から痛いほど伝わってきた。彼もまた漣のように信じた道を歩き始めたということだろうか。しかし、今回もまた矢上が登場することを想定して、久瀬をスナイパーに使用した千堂の作戦勝ちに終わった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる