『リトル・マーメイド』セバスチャンの声優 サミュエル・E・ライトが死去

 ディズニークラシック作品の一つとして親しまれている『リトル・マーメイド』に登場するカニのセバスチャンの声優を務めたサミュエル・E・ライトが亡くなった。享年74歳だった。

『リトル・マーメイド』DVD

 訃報は、彼の地元ニューヨークのモンゴメリーの街による以下のFacebook投稿から明らかになった。

「本日、モンゴメリーの街はサム・ライトの喪失に嘆いています。彼は我々にとってのインスピレーションであり、家族とともにHudson Valley Conservatory(パフォーミング・アーツスクール)を設立してくれました。彼と彼の家族は数え切れないほどハドソン・バレーの若者をインスパイアし、常に高みを目指す目標となり、最高の自分になれるために深掘ることを教えてくれました。彼の芸術にむける情熱と家族への愛は計り知れず、サムは訪れる所々で常に純粋な喜びを与えられるーーそんな人として知られていました。彼はエンターテインすることを愛し、人を微笑ませ笑わせることを愛していました」

 ライトはサウスカロライナ州のカムデンで生まれ、1971年にアンドルー・ロイド・ウェバーによるブロードウェイ『Jesus Christ Superstar(原題)』にキャステイングされたことをきっかけにエンタメの道に進み始めた。「彼は『タップ・ダンス・キッド』でウィリアム役を、『ライオン・キング』でムファサ役を演じ、どちらの役でもトニー賞主演男優賞にノミネートされている。そして1970年から80年頃、徐々にテレビシーンに登場し、1976年の『Ball Four(原題)』でデビューを果たすと『All My Children(原題)』、『The Cosby Show(原題)』に出演した。

 1989年には『リトル・マーメイド』のセバスチャン役を務め、劇中の楽曲「アンダー・ザ・シー」と「キス・ザ・ガール」を歌い、「アンダー・ザ・シー」はアカデミー賞歌曲賞を受賞した。その後も続編やゲームなどでセバスチャンの声を演じてきた。

■アナイス(ANAIS)
映画ライター。幼少期はQueenを聞きながら化石掘りをして過ごした、恐竜とポップカルチャーをこよなく愛するナードなミックス。レビューやコラム、インタビュー記事を執筆する。InstagramTwitter

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる