アンジェリーナ・ジョリー、マ・ドンソクらが集結 『エターナルズ』特報&ビジュアル公開

 『ノマドランド』のクロエ・ジャオ監督が手がけたマーベル・スタジオ新作映画『エターナルズ』の特報映像とUS版ティザービジュアルが全世界で公開された。

 『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約2年、多くのファンが最新作を待ち望む中、2021年、遂にマーベル・スタジオが本格的に再始動する。7月8日に映画館、7月9日よりディズニープラス プレミア アクセスで公開となる映画『ブラック・ウィドウ』、そして9月3日に劇場公開される映画『シャン・チー/テン・リングスの伝説』に続き、アベンジャーズの後を継ぐ、最強ヒーローチームの活躍を描く映画『エターナルズ』が11月5日に劇場公開される。

 本作『エターナルズ』は、様々な脅威から地球を守ってきたアイアンマンやキャプテン・アメリカら最強のヒーローたち“アベンジャーズ”が誕生するよりも、はるか昔から地球に存在し、何世紀もの間、人知れず人類を見守ってきた不死の種族“エターナルズ”の物語。『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後を描く世界で、あの宇宙最凶最悪の敵・サノスをも超える未曽有の脅威が人類に迫るとき、エターナルズはついにその姿を現す。

「エターナルズ」特報【アベンジャーズの後を継ぐ、最強ヒーローチーム始動編】

 公開された特報映像では、何千年もの時を超えた壮大なスケールとどこか神々しくもある世界観、そして今までのマーベルヒーローたちとは一線を画す、新たな最強ヒーローチームの登場を予感させる映像となっている。「我々はずっとこの星を見守り人類を導いてきた」という言葉通り、紀元前ともおぼしき太古の地球で人々が生活する様子から始まる映像は、今までアベンジャーズが戦ってきた現代よりも、はるか昔からエターナルズたちが存在していることが窺える。さらに、何世紀もの間、人知れず人類を導き見守ってきた彼らの存在が人類を守護する立場にあり、同時に彼らが姿を現したということは、かつてない脅威が人類に迫っていることを示している。人類に迫る新たな敵とは。そしてアベンジャーズをも超える力を持つというエターナルズの活躍ぶりとは。

 キャストには、10年ぶりのアクション映画出演となるアンジェリーナ・ジョリーに加え、『クレイジー・リッチ!』のジェンマ・チャン、『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデンとキット・ハリントン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』などのマ・ドンソクらが集結。『ノマドランド』でアジア系女性として米アカデミー賞にて初の監督賞を受賞したクロエ・ジャオが監督は、本作に関して「監督として映画を作っているわけではない。ファンとして作っているの」とマーベル愛を語っている。

■公開情報
『エターナルズ』
11月5日(金) 全国公開
監督:クロエ・ジャオ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)Marvel Studios 2021



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる