スターサンズ制作の政治ドキュメンタリー 菅政権に迫る『パンケーキを毒見する』公開決定

スターサンズ制作の政治ドキュメンタリー 菅政権に迫る『パンケーキを毒見する』公開決定

 政治ドキュメンタリー映画『パンケーキを毒見する』が7月30日より新宿ピカデリーほかにて全国公開されることが決定。あわせて特報映像が公開された。

 本作は、日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作『新聞記者』や、東京国際映画祭作品賞(スプラッシュ部門)『i-新聞記者ドキュメント-』で、官邸政治の闇や、菅首相(当時官房長官)をウォッチしてきた映画会社スターサンズが、“今、一番日本人が知りたいこと”である菅政権の正体に迫るドキュメンタリー映画。石破茂、江田憲司らの政治家、前川喜平などの元官僚、そのほかジャーナリストや各界の専門家が、菅義偉という人物について、そして菅政権が何を目指して、日本がどこにいくのか語り尽くすほか、菅首相のこれまでの国会答弁も徹底的に検証し、管政権を探る。テレビマンユニオンの内山雄人が監督を務めた。

 秋田のイチゴ農家の出身で上京し、段ボール工場で働き、国会議員の秘書から始まり、横浜市議会議員から衆議院議員となった管首相。自民党では派閥に縛られず様々な人物を担ぎ上げ、勝負師とも裏切り者と言われたこともあった。世襲議員ではない叩き上げの首相の誕生ということから、“令和の田中角栄”とも評された管首相だが、就任以降は携帯料金値下げ、ハンコ廃止、デジタル庁の新設など一般受けする政策を行う一方で、学術会議の任命拒否や中小企業改革など断行。安倍政権下では官房長官として、人事権を駆使した官僚掌握や独自に張り巡らせた情報網で、メディアをコントロールしてきた。就任早々の大手メディアの政治担当記者とのパンケーキ懇談会はその第一歩と注目され「パンケーキを食べるかどうか?」にメディアの権力に対する姿勢が問われた。果たして、菅首相はいったい何を考えているのか?

映画『パンケーキを毒見する』特報映像

 公開された特報映像では、管首相の国会答弁の様子や石破らが管首相を語る姿が捉えられている。

■公開情報
『パンケーキを毒見する』
7月30日(金)より、新宿ピカデリーほか全国順次公開
企画・製作・エグゼクティブプロデューサー:河村光庸
監督:内山雄人
制作:テレビマンユニオン
配給:スターサンズ
配給協力:KADOKAWA
2021年/日本映画カラー/ビスタ/ステレオ
公式サイト:https://www.pancake-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる