増田貴久、『ボイスII』出演決定 「大好きなドラマの続編が決まったことがとても嬉しい」

増田貴久、『ボイスII』出演決定 「大好きなドラマの続編が決まったことがとても嬉しい」

 増田貴久が、唐沢寿明主演ドラマ『ボイスII 110緊急指令室』(日本テレビ系)に出演することが決定した。

 本作は、2019年7月に放送された『ボイス 110緊急指令室』の2年ぶりの続編。勘と行動力で突き進む情熱的な敏腕刑事で、猟奇殺人犯に妻を殺され犯人への復讐に燃えた男・樋口彰吾を演じた唐沢と、特殊能力を生かし、事件の鍵を“声”と“音”で紐解く緊急指令室の室長でボイスプロファイラー(声紋分析官)の橘ひかり役の真木よう子が前作に引き続き出演する。

 前作では唐沢演じる樋口を“兄貴”と慕う後輩・石川透を演じた増田。石川は前作のラストでは兄貴の樋口を裏切り、警察官を辞める決断をしていた。

 増田の出演について、樋口彰吾役の唐沢は「IIをやるなら、同じメンバーがいいと思っていました。『ボイス』の後にいろいろな作品に出演して経験を重ねてきたと思うので、2年前とはまたちょっと違う(石川)透が見られるんじゃないかなと思います。今年も一緒に熱い夏を過ごせることを楽しみにしています」とコメント。橘ひかり役の真木も、「前回も身体作りを全力でしたりと、忙しい中でもとてもストイックな方なので、私も刺激を受けて毎回撮影に挑んでいました。今回も共演が楽しみです」と共演への思いを明かした。

 出演が決定した増田からはコメントも寄せられている。

増田貴久 コメント

この話を聞いた時には、思わず、「おおおっ! やったぁ!」という言葉が出てしまいました。というのも、実は2年前の『ボイス』の時からプロデューサーさんが「IIをやりたい!」と仰っていたのを聞いていたので、ずっとIIがあると信じていました! 今は、いよいよ来たか、と嬉しい気持ちでいっぱいです!
2年前の唐沢寿明さんとの出会いは僕にとってとても大きな出来事で、プライベートでもお世話になっているほどです。今回も“兄貴”とボイスに全てをかけて頑張るつもりです!
そして、(演じる)石川透が抱えた罪の意識を2年の月日がどう変えたのか。
そんな心の変化を意識しながらも、優しく強い透ちゃんを演じたいと思っています。
とにかく大好きなドラマの続編が決まったことがとても嬉しいです。
僕も作品を楽しみながら視聴者の方と一緒にハラハラしながら進んでいきたいです。

(左から)唐沢寿明、真木よう子

■放送情報
『ボイスII 110緊急指令室』
日本テレビ系にて、7月期スタート 毎週土曜22:00〜放送
出演:唐沢寿明、真木よう子、増田貴久
原作: Based on the series “Voice”,produced and distributed
by Studio Dragon Corporation and CJ ENM Co., Ltd,and written by Jinwon Ma.
脚本:浜田秀哉
音楽:ゲイリー芦屋
チーフプロデューサー:池田健司
プロデューサー:尾上貴洋、能勢荘志、戸倉亮爾 (日テレアックスオン)
演出:大谷太郎、久保田充、西村了(日テレアックスオン)、茂山佳則(日テレアックスオン)
制作協力:日テレアックスオン
製作著作:日本テレビ
(c)日本テレビ
公式サイト:https://www.ntv.co.jp/voice2/
公式Twitter:@voice_ntv
公式Instagram:@voice.ntv

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる