『バイオハザード:インフィニット ダークネス』予告編&キーアート公開 新キャラの情報も

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』予告編&キーアート公開 新キャラの情報も

 『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』が7月8日よりNetflixにて配信されることが決定し、あわせて予告編とキーアートが公開された

 今年シリーズ25周年を迎えた、1996年にゲーム第1作が発売された『バイオハザード』。本作は、シリーズの人気キャラクターレオン・S・ケネディと、クレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開するホラーアクション。『海猿』シリーズ、『MOZU』シリーズ、映画『太陽は動かない』などの羽住英一郎が、初めてアニメ作品で監督を務める。製作・原作監修として、数々の『バイオハザード』シリーズを世に送り出してきたカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加する。

 制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、『バイオハザード:ヴェンデッタ 』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebico がフル3DCGアニメーション制作を担当。音楽を手がけるのは、TV、アニメ、ゲーム音楽など様々なジャンルで活躍する菅野祐悟が集結。また、『バイオハザード:ヴェンデッタ』など数々の作品を手がけたトニー石塚が、クリエイティブアドバイザーとして本作にも参加している。

 日本語吹替版では、歴代『バイオハザード』ファンに支持されてきた、森川智之と甲斐田裕子がレオンとクレアを演じる。

 公開されたキーアートには、険しい表情をしたレオン、クレア、ジェイソン、シェンメイの姿が並んでいる。

 あわせて公開された本予告映像には、悪夢のような戦場、ゾンビの襲撃、絶体絶命のレオンとクレア、謎に包まれたタイラントなど本作の重要なヒントが散りばめられている。ホワイトハウスで起こったゾンビ事件に端を発したレオンたちの捜査は、6年前のペナムスタンで起きた悪夢につながっていく。マッドドッグス隊が現地で見たものには、国家を巻き込んだ恐ろしい陰謀が隠されていた。その真相に向かって、レオン、クレアをはじめ、ペナムスタンの英雄のジェイソン、合衆国エージェントのシェンメイ、新米エージェントのパトリック、レオンに信頼をよせているグラハム大統領、強硬派政治家のウィルソン国防長官、ウィルソンと意見が異なるライアン大統領補佐官ら、登場人物たちの思惑が絡み合っていく。

レオン・S・ケネディ
クレア・レッドフィールド
ジェイソン
シェンメイ
パトリック
グラハム大統領
ウィルソン国防長官
ライアン大統領補佐官
previous arrow
next arrow
 
レオン・S・ケネディ
クレア・レッドフィールド
ジェイソン
シェンメイ
パトリック
グラハム大統領
ウィルソン国防長官
ライアン大統領補佐官
previous arrow
next arrow

■配信情報
Netflixオリジナルアニメシリーズ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』
Netflixにて、7月8日(木)全世界独占配信
原作・製作・監修:株式会社カプコン
監督:羽住英一郎
脚本:武藤将吾、羽住英一郎
エグゼクティブプロデューサー:小林裕幸(カプコン)
製作プロデューサー:篠原宏康(トムス・エンタテインメント)
プロデューサー:古屋厚(ROBOT)
CGプロデューサー:宮本佳(Quebico)
フル3DCGアニメーション制作:Quebico
制作プロデュース:トムス・エンタテインメント
クリエイティブアドバイザー:トニー石塚(Sony Pictures Entertainment)
音楽:菅野祐悟
日本語吹替キャスト:森川智之、甲斐田裕子ほか
(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アニメ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる