『デュー あの時の君とボク』ポスター&場面写真 90年代タイを舞台に惹かれ合う学生たち

 7月2日より公開のタイ映画『デュー あの時の君とボク』の日本版ポスタービジュアルと場面写真が公開された。

 本作は、イ・ビョンホン主演の韓国映画『バンジージャンプする』をもとにアレンジを加えたラブストーリー。LGBTへの理解も知識も今のようにはなかった90年代のタイを舞台に、惹かれ合う男子高校生の甘酸っぱい過去の記憶と、現在につながっていく運命の糸を描く。

 人気ドラマ『The Shipper』などでBLジャンルの若手カリスマと呼ばれるパワット・チットサワンディ(愛称オーム)と、ドラマ版『バッド・ジーニアス』のサダノン・ドゥーロンカウェロー(愛称ノン)の2人が初共演する。監督・脚本を務めたのは、映画『チョコレート・ファイター』の脚本家でも知られるマシュー・チューキアット・サックヴィーラクル。

 公開された日本版のポスタービジュアルでは、劇中のセリフである「一緒にいられるなら、僕たちはどんな関係でも構わない」というキャッチコピーとともに、4人の男女が教室にたたずむ姿が切り取られている。

20210510-dew-02
20210510-dew-03
20210510-dew-04
20210510-dew-05
20210510-dew-06
20210510-dew-07
20210510-dew-08
20210510-dew-09
20210510-dew-10
previous arrow
next arrow
20210510-dew-02
20210510-dew-03
20210510-dew-04
20210510-dew-05
20210510-dew-06
20210510-dew-07
20210510-dew-08
20210510-dew-09
20210510-dew-10
previous arrow
next arrow

■公開情報
『デュー あの時の君とボク』
7月2日(金)シネマート新宿・心斎橋ほか順次公開予定
監督・脚本:マシュー・チューキアット・サックヴィーラクル
出演:パワット・チットサワンディ、サダノン・ドゥーロンカウェロー、スコラワット・カナロス、ヤリンダー・ブンナーク、ダリサ・カーンポ
配給:ハーク
2019年/タイ/タイ語/123分/5.1chデジタル/スコープサイズ
(c)2019 CJ MAJOR ENTERTAINMENT CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる