大橋和也×末澤誠也は黄金タッグ!? 『ジモダン』に感じる関西ジャニーズJr.の成長

 4月17日から、ドラマ『ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情』(ABCテレビ・テレビ朝日)の放送がスタートした。同作は、なにわ男子の西畑大吾、高橋恭平、大橋和也、Aぇ! groupの末澤誠也、草間リチャード敬太、小島健、福本大晴、佐野晶哉、Lilかんさい、Boys beの池川侑希弥、上垣廣祐など、注目の関西ジャニーズJr.たちが出演している。毎回メンバーが変わるオムニバス形式のドラマで、毎週違った面白さが味わえそうだ。また、2020年4月から放送されていた『年下彼氏』(ABCテレビ・テレビ朝日)に出演していたメンバーも多く、彼らの成長にも注目が集まっている。

 そんな同作の第1話として放送されたのは、なにわ男子の大橋とAぇ! groupの末澤が主演を務めた「ラッキームーン・前編」。芸術家を目指しているタカシ(大橋和也)とマキト(末澤誠也)は東京へ上京。有名なデザイン会社で働くこととなるが、タカシは信念を一切曲げず、社長と衝突してばかり。一方のマキトは上手く立ち回るために信念を曲げることも多くなっていく。そんな2人がコンビを組んで大きな仕事にチャレンジすることになるが、タカシの父親が病に倒れ、大阪に帰ることになる……というところまでが前編だ。2人が生み出したキャラクター・ラッキームーンが元となっていると思われるキャラクターが公式にも使われており、同作の骨子となりそうなストーリーだ。

 タカシとマキトを見ると、大橋と末澤の素の部分が上手く活かされていたのではないだろうか。大橋演じるタカシはとにかく明るくあっけらかんとしている男。声も大きく、思わずツッコミたくなるような言動も多いが憎めない愛嬌のあるキャラだ。いつも周りを笑顔にしている大橋のイメージと重なる部分も多い。YouTubeにアップされている「新ドラマ『ジモダン』メイキング映像!大橋和也×末澤誠也 撮影の裏側を大公開!」の中でも、末澤が紹介されているにも関わらず大橋も一緒に「よろしくお願いします!」と頭を下げ、末澤にツッコまれている。

新ドラマ「ジモダン」メイキング映像!大橋和也×末澤誠也 撮影の裏側を大公開!

 末澤演じるマキトもそうだ。マキトは自由奔放なタカシに憧れつつも、タカシが生み出しそうになるトラブルを制していくタイプ。末澤自身も天真爛漫なAぇ! groupメンバーを制するシーンをよく目にする。例えば、ジャニーズJr.チャンネルにアップされている「【たこ焼きにソース!?】もっといい組み合わせがあるはず!」。たこ焼きを串1本で食べるか、2本で食べるかで意見が割れた福本と佐野に向かって、「1本でも2本でもええわ、食べへん?」と上手く空気を切り替えていた。

Aぇ! group【たこ焼きにソース!?】もっといい組み合わせがあるはず!

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる