『大豆田とわ子と三人の元夫』はなぜ“女社長”が主人公? 市川実日子の台詞から紐解く

『大豆田とわ子と三人の元夫』はなぜ“女社長”が主人公? 市川実日子の台詞から紐解く

 当初は、どういう話になるのか想像がつかなかったが、いよいよ話が動き出したかのように見える『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレ・フジテレビ系、以下『まめ夫』)第4話。

 本作は、住宅建築会社・しろくまハウジング社長の大豆田とわ子(松たか子)と三人の元夫の関係を描いた物語だ。

 とわ子の最初の夫でレストランのオーナー兼ギャルソンの田中八作(松田龍平)は、友達の俊朗(岡田義徳)の恋人・早良(石橋静河)から熱烈なアプローチを受けて困っていた。

 八作はモテ体質で、劇中では「オーガニックなホスト」と言われている。八作を演じる松田龍平は、坂元裕二作品では松と共演した『カルテット』(TBS系)以来の出演。映画『まほろ駅前多田便利軒』などの作品で松田は、何を考えているかわからないミステリアスな男を演じ周囲を翻弄してきたが、『カルテット』では、逆に“翻弄される側”の青年を演じ、翻弄する側が、本作でとわ子を演じる松たか子だった。

 対して『まめ夫』では、松田が翻弄し、松が翻弄されているように第1話では見えた。他の元夫とくらべても、余裕のある男に見える八作。おそらくその余裕が色気に繋がっているのだろう。しかし、それは余裕ではなく、彼が相手に対して無関心で、徹底的に受け身だからだ。

 そんな、何を考えているのかわからない八作に女性たち惹きつけられていくのだが、やがて八作は大切な人とは相思相愛になれないことが明らかになる。

 『最高の離婚』(フジテレビ系)の上原諒(綾野剛)を思わせる設定だが、3人目の元夫・仲村慎森(岡田将生)が『最高の離婚』の濱崎光生(永山瑛太)を思わせる性格だったことを考えると、本作は『最高の離婚』のセルフリメイクなのだろうか?

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる