超過激、残虐なトドメ描写が追加 『モータルコンバット』レッドバンド予告公開

 6月18日に公開される『モータルコンバット』の日本版ポスタービジュアルとレッドバンド版予告が公開された。

 世界的な人気ゲームの映画化作品である『モータルコンバット』には、映画、テレビ、格闘技と様々な分野で活躍する世界各国のキャストたちが集結。スコーピオン/ハサシ・ハンゾウ役の真田広之、ライデン役の浅野忠信のほか、コール・ヤング役にルイス・タン、ソニア・ブレイド役にジェシカ・マクナミー、カノウ役にジョシュ・ローソンが集結。さらに、ジャックス役でメッカド・ブルックス、リュウ・カン役でルディ・リン、シャン・ツン役でチン・ハン、サブ・ゼロ/ビ・ハン役でジョー・タスリム、クン・ラオ役でマックス・ファン、ミレーナ役でシシィ・ストリンガー、エミリー・ヤング役でマチルダ・キンバー、アリソン・ヤング役でローラ・ブレントがキャストに名を連ねている。オーストラリアで数々の賞を受賞したサイモン・マッコイドが長編監督デビューを果たし、ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・ママッコイド、E・ベネット・ウォルシュが製作を担当する。

 胸にドラゴンの形をしたアザを持つ総合格闘技の選手のコール・ヤングは自らの生い立ちを知らぬままお金のために戦う日々を送っていたが、ある日、魔界の皇帝シャン・ツンがコールを倒すために放った最強の刺客であるサブ・ゼロに命を狙われる。コールは家族の安全が脅かされることを恐れ、特殊部隊少佐ジャックスに言われるがまま同じく特殊部隊所属のソニア・ブレイドという女性戦士と合流し、地球の守護者であるライデンの寺院を訪れる。そこで太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”の存在と、自らが魔界の敵たちと戦うために選ばれた戦士であることを知る。コールは新たな仲間たちとともに、自らの秘められた力を解放し、家族、そして世界を救うことができるのか。

映画『モータルコンバット』レッドバンド版予告

 公開されたレッドバンド予告は、魔界の刺客であるサブ・ゼロ(ジョー・タスリム)が圧倒的なまでの力の差で米軍特殊部隊少佐であるジャックスの腕を氷漬けにして粉砕する、冒頭から超過激な残虐トドメ描写“フェイタリティ”で始まる。“選ばれし者”の一人であることを知ったコール・ヤング(ルイス・タン)は、米軍特殊部隊所属の女性戦士であるソニア・ブレイド(ジェシカ・マクナミー)、目からビームを放つ犯罪組織の傭兵であるカノウ(ジョシュ・ローソン)、炎を操るリュウ・カン(ルディ・リン)、鋼鉄の帽子で敵を切り裂くクン・ラオ(マックス・ファン)、そしてジャックス(メッカド・ブルックス)ら地球の戦士たち、彼らの指南役であるライデン(浅野忠信)の力も借りながら、太古より繰り広げられてきた世界の命運を懸けた格闘トーナメント“モータルコンバット”に身を投じていく―。

 また、伝説の忍者で歴代最強の戦士であるハサシ・ハンゾウ(真田広之)が、ヒモの先にクナイをついた武器を巧みに駆使し、命を狙う黒装束の暗殺者の頭や心臓を突き刺す、情け容赦ない“フェイタリティ”を披露する場面も収められている。さらに映像の後半では、魔界の皇帝であるシャン・ツン(チン・ハン)によって人間界に送り込まれたミレーナ(シシィ・ストリンガー)、4本腕のゴローといった一癖も二癖もある魔界のキャラクターたちも次々に登場し、“禁断の死闘”が繰り広げられていく。

 極めつけに、映像の終盤では、真田演じるスコーピオンと宿敵サブ・ゼロによる熾烈なデスバトルが繰り広げられる。氷で生成した剣でスコーピオンの腕を切り裂いたかと思うと、飛び散るその生血を凍らせた血の剣で突き刺すという、サブ・ゼロの残虐かつ狡猾な技がさく裂。ラストには、魔界の皇帝であるシャン・ツンの「とどめを刺せ!」というセリフを皮切りに、頭や心臓を一刺しする各キャラクターの残虐なトドメ描写“フェイタリティ”シーンが怒涛のごとく5連発となる。

■公開情報
『モータルコンバット』
6月18日(金)全国ロードショー
出演:ルイス・タン、真田広之、浅野忠信、ジョー・タスリム
監督:サイモン・マッコイド
製作:ジェームズ・ワン、トッド・ガーナー、サイモン・マッコイド、E・ベネット・ウォルシュ
配給:ワーナー・ブラザース映画
レイティング:R15+
(c)2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる