鈴木京香、『鎌倉殿の13人』後白河法皇の寵愛受ける丹後局に 「もう彼女の大ファンです」

鈴木京香、『鎌倉殿の13人』後白河法皇の寵愛受ける丹後局に 「もう彼女の大ファンです」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、丹後局役を鈴木京香が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 丹後局は、後白河法皇(西田敏行)の寵姫を受けた女性。

 鈴木は演じる丹後局について、「その時代には珍しく政治に積極的に関わった女性だったと知りました。年齢を重ねれば重ねるほど、その熱意をより募らせていったという丹後局。今はもう彼女の大ファンです!」と演じられる喜びを語る。三谷が脚本を手掛けた『新選組!』にも出演。三谷脚本の大河ドラマについては、「歴史上の人物がより身近に、親近感を抱いてしまうほど個性がしっかり描かれていますから、より早く役と一体化できると感じています」とその魅力を語った。

鈴木京香 コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

嬉しいオファーをいただいた時、私は恥ずかしながら丹後局を知らなかったものですから、慌てて資料を読み漁り、その時代には珍しく政治に積極的に関わった女性だったと知りました。年齢を重ねれば重ねるほど、その熱意をより募らせていったという丹後局。今はもう彼女の大ファンです! 丹後局として撮影に参加できる日を、心待ちにしています。

大河ドラマ&三谷幸喜作品への出演について

『新選組!』のお梅を演じた際は芹沢鴨と共に散った場所を訪ねたり、『真田丸』の寧を演じている時は京都の高台寺へ足繁く通いました。大河ドラマの登場人物として役に取り組ませていただく度、歴史の局面に自分なりの見解が生まれます。三谷さんの脚本の登場人物たちはいつも皆チャーミングで、歴史上の人物がより身近に、親近感を抱いてしまうほど個性がしっかり描かれていますから、より早く役と一体化できると感じています。

共演者について

西田敏行さんがお演りになる魅力的な後白河法皇とご一緒しながら、西田さんご本人の、周囲を明るく和ませながらも役に妥協しない佇まいを少しでも学べたら、と思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる