佐藤浩市、『鎌倉殿の13人』上総広常役で三谷幸喜と再びのタッグ 「芹沢鴨以上に魅力的な役に」

佐藤浩市、『鎌倉殿の13人』上総広常役で三谷幸喜と再びのタッグ 「芹沢鴨以上に魅力的な役に」

 2022年NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の公式Twitterにて、上総広常役を佐藤浩市が演じることが発表された。

 NHK大河ドラマ第61作目となる本作の舞台は、平安時代後期から鎌倉時代初期。義兄でもある鎌倉幕府初代将軍・源頼朝にすべてを学んだ二代目執権・北条義時を主人公に、武士の世を盤石にした彼の生き様、翻弄された周囲の人々を描き出す。脚本を『新選組!』『真田丸』に続き大河ドラマ3作目となる三谷幸喜が手掛ける。

 上総広常は、上総・下総(現在の千葉県中~北部)に領地を持つ豪族で、頼朝の挙兵に応じた“坂東(関東)の巨頭”。

 佐藤は『新選組!』以来、4度目の大河ドラマへの出演。再びの三谷幸喜とのタッグについて、「歴史の転換点にいた人物たちが、そこでどう抗って、どう時代を切り開いたのか、というロマンを見事に描く方」とその魅力を語っている。

コメント全文

『鎌倉殿の13人』出演の意気込み

房総半島の豪族・上総広常といっても、ピンとくる方は多くないでしょう。私自身もそうでした。当時、それぞれの地で彼らのおかれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたらと思っています。特に今回は三谷さんが書かれているので、上総についても一筋縄ではいかない人物を書いてくれるはずです。大河ドラマへの出演は『新選組!』以来ですから、そのときに演じた芹沢鴨以上に魅力的な役にできるように腐心させていただきます。

大河ドラマ出演について

やはりなんといっても大河は長いドラマです。描く年月が長いだけに、多岐にわたる大勢の登場人物が出る。扇の要に主人公がいて、それを取り囲む個性的な人物たちと彩ってきた歴史を楽しめる。そこが大河の魅力だと思います。また、収録期間も長いです。才能ある役者たちがそれだけの時間を共にすると、必ず「どこか」に行きつく。それも楽しみです。

三谷幸喜作品への出演について

書くのが速い方ではないのに、何故また長い長い大河を引き受けたのか不思議でならない(笑)。やっぱり時代の節目を描くことがお好きなのではないでしょうか。歴史の転換点にいた人物たちが、そこでどう抗って、どう時代を切り開いたのか、というロマンを見事に描く方だと思います。

■放送情報
『鎌倉殿の13人』
NHK総合にて、2022年放送
主演:小栗旬
脚本:三谷幸喜
制作統括:清水拓哉、尾崎裕和
演出:吉田照幸、末永創、保坂慶太、安藤大佑
プロデューサー:長谷知記、大越大士、吉岡和彦、川口俊介
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる